再エネ・最新技術

これからの農業は、 「エネルギー兼業農家」が創る

「環境」や「安全」が社会の価値の基軸になった時、農業と小規模発電事業を行う「エネルギー兼業農家」は、最前線に立つことになる。『儲かる農業論 エネルギー兼農家のすすめ』著書、慶応大学経済学部教授の金子勝教授に話を聞いた。

農業を「3Kで儲からない」から
「かっこよく儲けて社会貢献」へ

今まで農業は、〝3K産業〞とか〝儲からない産業〞といった理由で、なかなか人(就労者)が増えませんでした。しかし、きちんと儲けながら社会に貢献する農家という点において、「エネルギー兼業農家」はこれから農業の重要なファクターとなります。

ドイツの農家のように、再エネをどんどんつくれれば、楽しくなってくると思いませんか。職業イメージもかっこよくなるし、売電でも儲かるし、何よりこれからの時代の最先端分野を担う立場になっていきます。そうなると、日本全体にものすごく大きなインパクトを与えるはずです。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. “置くだけ”でシカやイノシシが寄ってこない!? 作物を獣害から守る方法
  2. 軽トラ=白は古い!? カッコ良すぎるカラフルな最新軽トラ3選
  3. 若手農家集結! 全国青年農業者会議が2/26-27に開催
  4. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  5. 弱い農家が淘汰された「強い農業」は暴論か? 賢い消費者が地域を支える
  6. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  7. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  8. 農業先進国のノウハウを身につけられる海外農業研修「アグトレ」とは?
  9. ハウス環境を一括制御! 今年導入したい『統合環境制御盤』とは?
  10. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.10 1/18(金)発行!
第65回JA全国青年大会 あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル