再エネ・最新技術

これからの農業は、 「エネルギー兼業農家」が創る

「環境」や「安全」が社会の価値の基軸になった時、農業と小規模発電事業を行う「エネルギー兼業農家」は、最前線に立つことになる。『儲かる農業論 エネルギー兼農家のすすめ』著書、慶応大学経済学部教授の金子勝教授に話を聞いた。

農業を「3Kで儲からない」から
「かっこよく儲けて社会貢献」へ

今まで農業は、〝3K産業〞とか〝儲からない産業〞といった理由で、なかなか人(就労者)が増えませんでした。しかし、きちんと儲けながら社会に貢献する農家という点において、「エネルギー兼業農家」はこれから農業の重要なファクターとなります。

ドイツの農家のように、再エネをどんどんつくれれば、楽しくなってくると思いませんか。職業イメージもかっこよくなるし、売電でも儲かるし、何よりこれからの時代の最先端分野を担う立場になっていきます。そうなると、日本全体にものすごく大きなインパクトを与えるはずです。

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル