再エネ・最新技術

これからの農業は、 「エネルギー兼業農家」が創る

「環境」や「安全」が社会の価値の基軸になった時、農業と小規模発電事業を行う「エネルギー兼業農家」は、最前線に立つことになる。『儲かる農業論 エネルギー兼農家のすすめ』著書、慶応大学経済学部教授の金子勝教授に話を聞いた。

農業を「3Kで儲からない」から
「かっこよく儲けて社会貢献」へ

今まで農業は、〝3K産業〞とか〝儲からない産業〞といった理由で、なかなか人(就労者)が増えませんでした。しかし、きちんと儲けながら社会に貢献する農家という点において、「エネルギー兼業農家」はこれから農業の重要なファクターとなります。

ドイツの農家のように、再エネをどんどんつくれれば、楽しくなってくると思いませんか。職業イメージもかっこよくなるし、売電でも儲かるし、何よりこれからの時代の最先端分野を担う立場になっていきます。そうなると、日本全体にものすごく大きなインパクトを与えるはずです。

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. 「ワタミオーガニックランド」が2021年にオープン! 独自の6次産業モデルを再現
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  8. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル