注目キーワード

最新技術

これからの農業は、 「エネルギー兼業農家」が創る

「環境」や「安全」が社会の価値の基軸になった時、農業と小規模発電事業を行う「エネルギー兼業農家」は、最前線に立つことになる。『儲かる農業論 エネルギー兼農家のすすめ』著書、慶応大学経済学部教授の金子勝教授に話を聞いた。

農業を「3Kで儲からない」から
「かっこよく儲けて社会貢献」へ

今まで農業は、〝3K産業〞とか〝儲からない産業〞といった理由で、なかなか人(就労者)が増えませんでした。しかし、きちんと儲けながら社会に貢献する農家という点において、「エネルギー兼業農家」はこれから農業の重要なファクターとなります。

ドイツの農家のように、再エネをどんどんつくれれば、楽しくなってくると思いませんか。職業イメージもかっこよくなるし、売電でも儲かるし、何よりこれからの時代の最先端分野を担う立場になっていきます。そうなると、日本全体にものすごく大きなインパクトを与えるはずです。

12>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 株式会社クラレ主催!「化学する農業」がテーマの展示会とは!?
  2. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 施設園芸は次のステージへ! 多くの作物で高収量を実現させる、期待の“新技術”とは?...
  5. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  6. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは...
  9. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  10. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」エンジン式編

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正