注目キーワード

「イチゴ」の検索結果

日本施設園芸協会が主催する第45回施設園芸総合セミナー・機器資材展示が、2024年2月に開催された。ここでは同イベントの機器資材展示コーナーから、注目のイチゴ関連機器・資材を紹介していこう。

施設園芸総合セミナー・機器資材展でみつけた! 注目のイチゴ関連機器資材

照明器具の製造・販売を手がけるホタルクスが、アザミウマの忌避効果と電照効果を両立する「HotaluX AGRI-RED(赤色LED電球)」を開発。多くのイチゴ農家を悩ませてきたアザミウマへの効果を、導入した農家が語る。

アザミウマの発生を1/10程度に削減! イチゴ農家を救うLEDの赤い光

前回記事で、栃木県がAIとIoTカメラを用いて「とちあいか」の出荷時期などをコントロールする新たなイチゴ栽培システムを開発していることをお伝えした。福岡県と愛知県でも同じように、生育データを活用したイチゴ栽培システムの開発に挑戦している。

福岡と愛知でも開発中! 生育データを活用したイチゴ栽培システム

イチゴは生食されるだけでなく、菓子やケーキに使われるほか、加工用や観光農園向けにも育てられている。そんな多様なニーズに対応すべく、民間企業と農研機構とのイチゴ新品種が活発化している。

多様なニーズに応える新品種イチゴ 農研機構と民間企業の共同開発に注目!

サカタのタネが主催する商談会「サカタフェア」が開催された。編集部が注目したのは、環境制御システム「アルスプラウト」のモニタリング向け新モデル「Arsprout Air」と次世代資材だ。

サカタのタネ、低コストでモニタリングを行える「アルスプラウト エア」を発表

イチゴ需要のトップシーズンの冬に比べて、高温での栽培となる夏は、そもそもの収量が少ない上に害虫のアザミウマへの対策も必須となる。 ホタルクスが農業用照明として開発した赤色LED電球は、そんな夏イチゴ生産にとって希望の光となるアイテムだ。

赤色LED電球で夏イチゴの病害虫対策! アザミウマ被害を抑えて収量アップへ

育成用だけでなく、うどんこ病対策や害虫防除などを目的に、コストパフォマンスに優れたジャパンマグネットの農業用LEDの導入が広がっている。それぞれの活用現場に、その効果を聞いた。

農業経営を変える、大反響のLEDライトの魅力とは?

光をもって病害虫や生育不良にアプローチする資材が、LEDやUVBランプなどの農業用照明だ。今年、発売開始予定の「HotaluX 農業用シリーズ」の特徴と、本製品を試用した有機農家の声をご紹介しよう。

アザミウマやうどんこ病を制す! LEDやUVBランプなど、ホタルクス農業用シリーズの実力を検証

アルスプラウトは、プラモデルを組み立てる感覚で手作りする環境制御システム。自由度が高く、必要に応じてセンサなどを追加可能だ。今回は 「株式会社エーゼログループ」、宇高秀和さんの制御内容を拝見!

DIYで自分好みに。低コストな環境制御システム「アルスプラウト」の活用テクを拝見!

かなりの時間と労力を必要とするイチゴの土詰め作業。これらの課題を解決するため開発されたのが、「イチゴエクセルキューブ」。「挿(さし)苗用」と「セル苗用」の2種類で展開する、イチゴの育苗に特化した培土の特徴を紹介しよう。

イチゴの育苗に特化!土詰め作業の省力化と炭疽病リスクを低減する培土を開発

1 2 3 4

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 青果市況情報を無料アプリでチェック! 卸値価格の分析で販路開拓・売上向上へ...
  2. LEDの赤い光でアザミウマが1/10に!ピーマンで効果を実感
  3. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  4. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  5. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  6. 手強い雑草を制しつつ、環境にも優しい? “二刀流”の除草剤を使いこなせ!...
  7. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. ハウス内を自動で防除する!丸山製作所の農薬噴霧ロボット「スマートシャトル」に迫る...
  10. 病害虫を特定!農薬検索・購入までできる診断アプリ「エクスペスツ」体験レポート...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.32|¥0
2024/07/19発行

お詫びと訂正