注目キーワード

「作業効率化」の検索結果

株式会社イノフィスは、マッスルスーツ®ブランドの新しい腰補助モデル「マッスルスーツGS-BACK®(バック)」を、8月4日より販売開始。それに伴い同日、東京理科大学 森戸記念館において、発売記念発表会ならびに装着体験会を開催した。

軽やかな動きを実現!腰の負担を軽減するマッスルスーツの新製品が発売

日本においては、農業就業人口の減少や農業者の高齢化により、農業の労働力不足が深刻な問題となっている。そんな中、アグリテック先進国のイスラエルではトマトを収穫するロボットを開発し注目を集めている。

スマート化が進む施設園芸、イスラエルでトマト収穫ロボットが登場

農業従事者にとって、除草作業は負担が大きい作業だ。加えて、斜面の多い場所での作業が必要な水田畦畔や果樹園では、危険や負担がさらに大きくなる。そんな場所での作業を効率化できる小型ラジコン草刈機がオーレックから発売された。

オーレックから待望の小型ラジコン草刈機が発売! 斜面に強い設計で走破性バツグン

薬剤師に処方された薬を服用すれば病気が治る可能性が高まるように、農薬コンサルタントの知見に頼ることで、病害虫を撃退できる確率がアップする。農薬コンサルタントが実践する農薬散布にまつわるコツと適切な農薬散布に役立つアプリをご紹介しよう。

適切に農薬を使って収益向上&労力削減を目指そう! 失敗しない病害虫対策のコツ

「農薬についてコンサルを受けたことで、より理想的な農業ができるようになりました」と語るのは、福島県のイチゴ農家、小沢充博さん。この夏誕生した、コンサルタント監修の農薬アプリは、注目のアイテムだ。

農薬代を大幅削減! 適切な農薬散布管理ができるコンサル監修アプリがリリース

高糖度・高機能・高単価トマトの「ハピトマ」を栽培し、『新しい農業のかたち』として、スマート農業の現場実装などに積極的に取り組む株式会社Happy Quality。働きやすい環境づくりを目指す同社のハウスでは、労務管理の効率化や作業時の身体への負担軽減のために最新技術が導入されている。

メディエイド アシストギア導入にAI技術集団結成まで…見学者が相次ぐ理想の職場

日々の作業を辛く困難にするのが、腰痛をはじめとする身体の痛み。健やかに働き続けるためにも、腰痛の予防は習慣にしたい。腰痛や筋肉痛対策に導入する農家が増えている注目のアシストスーツを紹介しよう。

農作業の必需品に! しっかりと腰を守って着脱簡単、優秀アシストギア

農業におけるDX化といえば、ハウスの環境制御、自動水やりなどがある。イギリスではレタスを自動で収穫するロボットの開発が始まり、また一つ農作業が自動化されることになりそうだ。

レタスの収穫を自動化するロボットが登場。農作業がまたひとつDX化へ

紹介するのは東北は宮城の水稲農家だ。米余り・米価下落が聞こえる2021年においても「過去最高益を記録しそう!」と意気盛んな、“儲かる水稲農家”であり続ける宮城の生産者を訪ねた。

やり方次第で水稲農家も儲かる! 『効率化』作業機導入で被災地から儲かる農業を提案

日本農業が生き残るために必須なのが『作業の効率化』だ。ここではとある作業機を導入して効率化を実現した、家族経営で7品目を生産する宮崎の生産者を紹介しよう。

家族経営の相棒、『ラバータイプディスクハロー』! 農業で増収するための効率化の追求

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正