注目キーワード

「環境保全型農業」の検索結果

井関農機が『「環境負荷低減」と「食」への貢献、農業の生産性・快適性向上』をテーマに、2024年度上期新商品会を開催した。ここでは「持続可能な水稲経営」を支える井関の挑戦を中心に、発表会の模様をお届けしよう。

井関農機が新商品を発表! 「持続可能な稲作経営」を支える井関農機の新たな挑戦

環境負荷を下げながら副収入を得ることができる制度が、J-クレジットを活用した「中干し期間延長」である。今年から早くも「中干し期間延長」に取り組んでいる秋田県の水稲経営者を訪ねた。

J-クレジット活用で持続可能な稲作経営を! いち早く取り組んだ中干し期間延長で感じたこと

牛は地球温暖化の主要な要因とされることがある。しかしそれは牛の生態的特性の一つでしかない。動物の栄養ソリューションの提供を行うオルテック・ジャパン合同会社の森田真由子氏に、牛と炭素の関係をまとめてもらった。

温暖化から地球を救うのは牛? 温室効果ガス排出と牛の関係とは

牛のゲップに含まれるメタンガスも、決して無視できない存在だ。牛に飼料として与えることで、メタンガスの抑制効果を発揮する海藻・カギケノリに、注目が集まっている。

【農業×漁業の脱炭素プロジェクト】牛のメタンガスを抑制する「カギケノリ」を飼料に

栃木県と北海道を拠点に、約11,000頭の黒毛和牛を飼育している敷島ファームでは、「ゼロカーボンビーフ」プロジェクトと称した多様な取り組みを展開している。これからの時代に消費者から選ばれるために力を入れる、その現状を取材した。

敷島ファームの脱炭素への挑戦。「ゼロカーボンビーフ」販売を目指す

農業生産者とは、農作物を作って売ることを生業とする者である。ところがそれに留まらず、環境に負荷を掛けない方法で美味しい米を作ることで、生産活動そのものを販売しようとしている生産者がいる。

「生産活動そのもの」を価値として販売するには? コメ農家の未来を切り開く、生産者の奮闘

持続可能な食料システムを構築するために策定された『みどりの食料システム戦略』が発表されてから1年が経過し、いよいよ現場が動き始めた。農水省の担当者に『みどり戦略』の概要から、それに則った活動をすることで得られるメリットについて語っていただいた。

『みどりの食料システム法』のメリットは? 認定制度を分かりやすく解説!

日本随一の米所である新潟県南魚沼市で、元DJ世界チャンピオンという異色の経歴を持った農業生産者が、高付加価値米を直販することで大きな成功を収めている。紙マルチ田植機を用いて栽培する、農薬を使わない高付加価値米とは?

元DJ世界チャンピオンが、米の食味コンテストで最高金賞を受賞 付加価値のある米作りに挑戦

牛舎の環境を改善することで、人と牛の双方にとって好ましい変化が起きる。オーレックの畜産消臭システム「Dr.MIST(ドクターミスト)」を愛用する、畜産農家の富永翔太郎さんに話を伺った。

【導入レポート】オーレックの畜産消臭システムが、牛舎の消臭・ストレス改善に効果

被覆肥料を使っている稲作農業者であれば一度は「こんなにゴミを出し続けて良いのか」と不安を感じたことがあるのではないだろうか。マイクロプラスチックを出さず、被覆肥料に負けない収量を確保できる技術を紹介しよう。

マイクロプラスチックを出さない農業へ! 『ペースト2段施肥』を活用した実証が進行中

1 2

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. “トリコデルマ菌”の働きをわかりやすく解説! 根張りを増やして収量アップへ...
  2. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  3. アザミウマの発生を1/10程度に削減! イチゴ農家を救うLEDの赤い光
  4. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  5. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点
  6. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  7. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  8. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  9. 農作物・畜産の悩みに海藻が効く? 「アスコフィルム・ノドサム」の効能に注目!...
  10. 【物流2024年問題】トラックの時間効率を向上する「パレット循環体制」とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正