注目キーワード

「農業DX」の検索結果

農薬・肥料の散布や、作物の生育状況のセンシングで活用される農業用ドローンだが、始めるには何が必要になるのか? ここでは、農薬散布を行う場合のステップを見ていこう。

農業用ドローン活用を始めてみよう! 農薬散布を行う場合のステップ

2022年10月12日(水)~14日(金)、第12回農業weekが千葉県幕張メッセで開催された。ここでは、そんな農業Weekの展示物のなかから編集部の注目アイテムを紹介しよう。

【農業weekレポート】人気製品のアップデートも! 圃場の見える化サービス4選

スマートトラクターにおいて、中小規模の生産者に注目して欲しいのが直進アシスト機能。誰が運転してもトラクターが真っ直ぐ走ってくれるから、軽労化や、作業効率向上に寄与してくれる。価格も比較的リーズナブルだから手が出しやすいはずだ。

運転をラク&作業効率UP!トラクター自動化製品まとめ【直進アシスト編】

「農薬についてコンサルを受けたことで、より理想的な農業ができるようになりました」と語るのは、福島県のイチゴ農家、小沢充博さん。この夏誕生した、コンサルタント監修の農薬アプリは、注目のアイテムだ。

農薬代を大幅削減! 適切な農薬散布管理ができるコンサル監修アプリがリリース

2022年6月15日、カゴメと日本電気(NEC)が記者発表を行った。本年度の7月、AIを活用して加工用トマトの営農支援を行う合弁会社「DXAS Agricultural Technology(ディクサスアグリカルチュラルテクノロジー)」をポルトガルに設立予定であることが発表された。

カゴメ×NEC 加工用トマトの営農支援会社をポルトガルに設立

畜産では、生産性や品質の観点はもちろん、アニマルウェルフェアの観点からも快適な畜舎の提供が求められる。どのようにITを活用して、スマート畜産を実現しているのだろうか。畜舎の環境改善に役立つソリューションを紹介しよう。

IT活用で畜舎の環境を改善! CO2濃度モニタリングで換気を適切に、効率的に

静岡大学の峰野研究室ではヤマハ発動機と連携し、ワインブドウの花をカウンティングするAIの研究開発に成功。屋外の農地で栽培されるワインブドウの多数の小さな花を高精度に検出しカウティング性能を向上。

ワインブドウの小さな花を高精度にカウント! 静岡大学×ヤマハ発動機がAI研究開発

クボタが有人監視下での無人自動運転作業(耕うん、代かき)が可能な「アグリロボトラクタ」を業界に先駆けてモニター販売したのが2017年のこと。あれから5年、業界をあげて、自動運転機能を搭載した商品が各社から市販されている。

憧れの自動運転!トラクター自動化製品まとめ 【スマートトラクター編】

ロボット農機やドローンの高精度な作業を陰から支えているのがRTK測位サービス。高精度な測位と導入のしやすさで普及が広がる、ソフトバンクが提供している『ichimill(イチミル)』について話を聞いた。

スマート農機の自動操舵がより正確に! ソフトバンクのRTK測位サービスに迫る

豚の「食下量推移」を数値で把握できるサービスが登場した。これにより豚の体調不良の検知も可能となり、治療期間の短縮や薬のコスト削減が期待できる。

国内初! 豚の「食下量推移」を数値で把握し、治療費のコスト削減へ

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正