注目キーワード

「農薬(殺虫剤)」の検索結果

ホームセンターコメリにある水稲用肥料と殺虫殺菌剤。その名も「オリザエートスター」「ロングスターコート」。多くのリピーターを獲得する商品の魅力に迫る!

ユーザー満足度が高い、コメリの水稲用肥料と殺虫殺菌剤に注目!

静岡でトマト生産を行う若手農業法人・サンファーム中山。売れ行きが好調な理由は、ロジカルな思考と先端技術の活用にある。AIを用いた潅水システムを導入するだけでなく、静岡大学と協力して"最適なタイミングで農薬を散布するシステム"を開発中だ。

AIで潅水、農薬散布まで!? 若手農家のトマトが売れる「3つの理由」

今や、スマート農業の実現に欠かせない存在となっている農業用ドローン。国内初のドローン専門店や、3月に発売されたヤマハの新モデル、農薬使用量を低減させる「ピンポイント農薬散布テクノロジー」など、気になるドローン最新情報をピックアップ!

ピンポイント農薬散布テクノロジーとは? 農薬50%〜100%減に成功!

農林水産省が、国内外の農業資材価格についての調査結果を公表。肥料や農薬の価格は、販売店によって大きな値段差があることが明らかになった。また、海外の資材価格は、日本よりも総じて安価だという。

農水省が肥料や農薬の価格調査、販売店によっては2倍以上の値段差も

今、世界の農業が取り込まれつつある「マネー資本主義」。"より多くのお金を稼ぐ"ことを目的に、大量生産や遺伝子組み換えを行った先に潜む落とし穴とは? 地域エコノミストの藻谷浩介氏にお話を伺った。

日本の農業が危ない!? 「マネー資本主義」に潜む危険性

昨今、食料品への異物混入が多発しており、食品メーカーが自主回収するケースが相次いでいる。中でも一番多いのが「虫など」によるケース。きのこ業界においても例外ではなく「きのこバエ」に頭を悩ませている生産者は多い。 

きのこ農家に朗報! ハエを”泡”で捕る捕虫器が登場

長期残効性を持つ2成分の組み合わせで、主要病害虫の発生を出穂期までしっかり防除できる「オリザエートスター箱粒剤」って? 豊富な品揃えを誇るホームセンターで欲しかったアイテムをゲットしよう!

いもち病防除に定評!「オリザエートスター」って?

農家にとって厄介な存在が、畑の作物を荒らす害虫。今までは農薬を散布して駆除するのが一般的だったが、最近、新たな技術の研究が進められている。それが性フェロモンを使った防除技術だ。持続可能な農業につながるその中身とは?

農薬要らず! 性フェロモンで害虫防除できるってホント?

これから農業へ参入しようと考えている人にこそ知ってほしい農業の本質について、明治学院大学の神門氏のコラムから学ぼう。

「無農薬表記」の裏側 これが現代農業の本質だ!

24時間でいちご農家の天敵ハダニが死滅。農作物と親和性の高い炭酸ガスの新しい使い方をご存じだろうか。

農薬ではなく炭酸ガス! ハダニを死滅させるシステム

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  8. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正