注目キーワード

「雑草対策」の検索結果

フランスで開催された、農業ロボット分野に特化した国際イベント「FIRA(国際農業ロボットフォーラム)」。その中で2020年12月9日に、畑作物向けロボットの先進事例を紹介するワークショップをオンラインで開催した。

加速する畑作物向けロボット開発! フランス・国際農業ロボットフォーラムから最新事例4選

農作物に被害を及ぼす病害虫や雑草を、写真からAIが診断し、有効な薬剤情報を提供するスマートフォンアプリ『レイミーのAI病害虫雑草診断』。その実力を探るべく、栃木県大田原市の若き水稲農家・阿久津清尚さんがアプリを初体験。実際の使い心地について訊いた。

【農業初心者でも安心】雑草識別&病害診断ができる、AIアプリの実力とは!?

写真を撮るだけで害虫・病害・雑草の診断ができる、画期的なスマートフォンアプリ『レイミーのAI病害虫雑草診断』。今回は「お米アドバイザー」の認定を持つ米問屋であり、食味豊かな「ホタル米」を栽培する米農家・安藤純一さんに、その実力を早速試してもらった。

雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた

スプレー散布技術を1940年代から追求してきた専門メーカー・ティージェットの空気吸引型「AIタイプ」ノズルは、独自設計により薬剤噴射の流速を上げ、効率よく散布ができる優れものだ。雑草対策に抜群な高機能ノズルをご紹介。

独自設計で風の影響を受けにくい大きな薬剤粒子に! 高効率な散布を可能にした高機能ノズル

除草剤利用を削減できるロボットが各国で開発されている。ドイツで開発されたのは、レーザーで雑草を狙い撃ちできる新たな除草手法だ。

レーザー照射で雑草の成長を抑制! ドイツで開発された除草剤不要の除草手法とは

各国で除草剤の利用量を削減するロボット開発が進んでいる。スイスでは、除草剤の散布量を9割も削減したロボットが開発され、実証実験にも成功している。

除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい

第二次大戦後の世界農業は効率化への道を歩んだ。草生栽培の基礎を教えてくれた伊藤先生に、雑草管理の世界史について解説していただいた。

第二次世界大戦後の雑草管理史から学ぶ。 地球温暖化の歯止めに農業が注目される理由

除草作業は、優先度は低いものの、怠ると作物に悪影響が及ぶ作業だ。除草作業になかなか時間を割けない農家は、除草のプロ集団「西日本グリーン販売株式会社」に委託してはいかがだろう。

雑草対策は万全? 忙しい農家は”プロ”にまかせるという選択肢を!

除草剤利用を削減する防草ロボット開発が各国で進行中だ。イギリスでは、電流で雑草を枯死させるロボットの開発に成功した。

世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは

軽さや静かさなどの強みはそのままに、パワフルかつ、長時間の利用が可能となったSTIHLのバッテリーツール。今回はブロワーとヘッジトリマーを体験レポート! 体験中に何度も実感した「作業のラクさ」を可能にしたSTIHL製品のこだわりとは?

<体験レポート>レンタルサービスも! STIHLのバッテリーツールを試してみた

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま考えよう! 水稲農業のこれから《水稲サミットオンライン》1/22(金)緊急開催...
  4. 多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選...
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  7. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  8. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  9. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正