注目キーワード

「養豚」の検索結果

2015年の国連総会で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で掲げた目標、「持続可能な開発目標(SDGs)」。持続可能な畜産の実現のために注目されている、「抗生物質や酸化亜鉛を使わない養豚・養鶏」の現状とは……

持続可能な養鶏・養豚へ。進む抗菌剤や酸化亜鉛の使用規制

海藻に含まれる成分は、作物の生理状態を最良に保つことで様々な効果が期待できる。今回は、夏に向けて気になる植物の乾燥ストレス対策や畜産における暑熱対策への効果を見ていこう。

農作物・畜産の悩みに海藻が効く? 「アスコフィルム・ノドサム」の効能に注目!

1951年の創業以来、世界中から厳選した原料から製造された有機肥料・有機飼料を輸入販売している老舗企業がアンデス貿易だ。同社の取り扱い製品をわかりやすく説明しよう。

海藻のチカラを活かす肥料・畜産飼料に注目! どんな効果がある?

キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、畜産業における悪臭問題を解決するため、静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センターと実証実験を行った。そこで開発した“畜産向け次亜塩素酸水噴霧システム”の販売を開始。今後は人と畜産業の持続可能な発展を目指していく。

キヤノンMJ、次亜塩素酸水を活用し養豚場の悪臭問題を解決

豚の「食下量推移」を数値で把握できるサービスが登場した。これにより豚の体調不良の検知も可能となり、治療期間の短縮や薬のコスト削減が期待できる。

国内初! 豚の「食下量推移」を数値で把握し、治療費のコスト削減へ

畜産業界で今注目のアイテムをピックアップ。畜舎環境の遠隔モニタリングを可能にするIoTサービスから、牛を見守る高精度AIまで、畜産を進化させる4選をチェックしよう。

要チェック! 畜産の高品質・環境向上・経営改善を支える注目のアイテム4選

現在搾乳ロボットは、メガ酪農経営のみならず、中堅規模経営にも続々と導入されているという。様々な課題を抱える畜産においてスマート化は、経営の大小問わずもはや必然の波だ。今回は「スマート畜産」のメリットやトレンドの技術について専門家に伺った。

生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術

世界的な潮流となっているアニマルウェルフェア。快適な環境下での飼養管理のため、そして労働力不足のなかでの効率化のため、注目されているスマート技術の活用について、学んでみよう。

IoT導入でトラブル対応の迅速化へ! スマホですべてを「見える化」した注目の養豚場

2025~2030年、タンパク質の供給量が需要に追いつかなくなる「タンパク質危機」の可能性がある事が専門家から報告されている。最大級の食料産業である「養豚」も例外ではない。その未来を新たにすべく、11月29日(イイニクの日)、3社協業による「養豚自動化プロジェクト」がスタート。その仕組みとは。

忍び寄るタンパク質危機! 農学×テクノロジーで“養豚自動化”実証へ

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 【製品モニター募集】超軽量&ハイパワーな共立の新エンジン草刈機を体験しよう!...
  2. 農作物・畜産の悩みに海藻が効く? 「アスコフィルム・ノドサム」の効能に注目!...
  3. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  4. 名物お漬物が消える日 改正食品衛生法の経過措置が5月末で終了
  5. 絶品の柑橘、高評価の要は「光センサー」。ふるさと納税サイトで売上アップへ...
  6. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  7. 水田除草もスマート化! これから活躍が期待できる除草ロボット3選
  8. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  9. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  10. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正