6次化

初めてのマルシェ出店 これだけはやっておきたい6点

近年、生産者と消費者の交流の場として、全国各地で頻繁に開催されているマルシェ。6次産業化プランナーに聞いた、ビジネスチャンスを拡げるためのマルシェ出店の心得とは?

初めてのマルシェ出店
これだけはやっておきたい!

①明快なPOPでアピールを
商品の良さを伝えるためにはポップは必須。チラシのように情報を詰め込むのではなく、生産者の顔写真、商品特徴、産地などのPRポイントが、パッと見て分かるよう色や文字の大きさ、構成などで工夫を。PCで整然とデザインしてもいいが、手書き文字なら親しみやすく好印象に。

②活気あふれる声で呼び込みを
道行く人の足を止めるには、やはり声をかけることが一番。「3秒」が勝負なので、爽やか&にこやかに声をかけて、試食をしてもらうところまでもっていきたい。元気な声で呼び込みをして注意を引きつつ、視線をくれた人には自然に話しかけるようにしてコミュニケーションを。



③ショップカードで後に繋げる
ショップカードは、たくさん配ったもの勝ち。商品特徴、店名、URL、メールや連絡先などの基本情報はもちろん、おいしそうな商品写真やレシピも忘れずに。切手欄を作ってハガキサイズにプリントし、ポストにそのまま投函できるハガキ型ショップカードなら販売に直結することも。

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  10. アイメック農法で高糖度トマトの生産ができる!? 農業女子のミニトマトが売れる理由
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正