6次化

「ワタミオーガニックランド」が2021年にオープン! 独自の6次産業モデルを再現

食材の生産から加工、外食事業まで手掛けるワタミ株式会社が、岩手県陸前高田市に有機・循環型社会をテーマにした農業テーマパーク「ワタミオーガニックランド」を建設することを発表した。開業は2021年3月を予定している。

ワタミグループ独自の
循環型6次産業モデルを具現化

ワタミオーガニックランドは、ワタミ株式会社が岩手県陸前高田市と連携して取り組む日本初のオーガニックテーマパークだ。

ワタミ株式会社は1984年から外食産業に携わり、2002年からは有機農業を開始。「ワタミファーム」として全国12カ所に圃場を持ち、有機農業や畜産・酪農事業も展開している。ワタミファームで生産された食材は「ワタミ手づくり厨房」で加工を行い、加工された食品はワタミグループの店舗や宅食サービスを通して消費者のもとに届けられている。

また、持続可能な循環型社会の構築を目指して、風力発電設備の開発・建設に運転管理を行うなど、再生可能エネルギー事業にも取り組み、ワタミ独自の循環型6次産業モデルを構築してきた。

ワタミ株式会社の代表取締役会長兼グループCEOの渡邉美樹氏は、東日本大震災が起こった2011年から、陸前高田市の参与としてイベントや経営塾を開催し、コールセンターを設置するなど同市の経済活性化に取り組んできた。

陸前高田市と連携して
地域経済の活性化を狙う

今回建設が発表されたワタミオーガニックランドは、この独自の循環型6次産業モデルを具現化する施設だ。

東日本大震災から10年の節目である2021年3月11日の開業を目指しており、開業から段階的に施設を拡充して、最終的には約23ヘクタールの広大な敷地を持つ施設になる予定だ。年間来場者数は35万人を見込んでおり、敷地内には農場、牧場、養鶏場、工房、ショップやレストラン、発電施設、宿泊施設の建設が予定されている。

また同施設では、来場者が実際に農業を体験できるとともに、ワタミグループの6次産業モデルの拠点として農産加工品を世界に発信することで、陸前高田市への注目を高めて地域活性化につなげる意向を示している。

DATA

ワタミ株式会社


Text:高橋みゆき

 



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 水耕栽培と養液土耕栽培、養殖まで同時にできる!? 話題の鉄骨ポリカハウスの設備を見学
  3. バラ・トマト・イチゴ農家が語る 低温CO2施用機『真呼吸』の実力とは
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 【編集部厳選】いま話題の「バイオスティミュラント」って何? 基礎知識と効果まとめ
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル