6次化

初めてのマルシェ出店 これだけはやっておきたい6点

④ストーリーのある映像で惹きつける
マストではないが、映像コンテンツがあればより効果的にPRすることができる。専用モニターでなくても、タブレットやPCでOK。商品にかける思いや、その土地の風土、生産者の話など、商品のバックグラウンドが伝わる物語性のある映像で、消費者の目と足を止めよう。

⑤とにかく食べてもらうことから
商品の魅力を知ってもらうには、試食が一番の近道。一口サイズに切り分けたものに爪楊枝をさしておくなど、食べやすいよう工夫を。なお、食中毒や異物混入などのリスクや衛生管理という側面から、切り分けや取り分けなど、できる限り会場では作業せず事前に準備しておく方がベター。



⑥誠実さが伝わる装いに
初対面の印象を大きく左右するのが、身だしなみ。清潔感はもちろん、親しみやすさや誠実さがにじみ出るようなコーディネートがベスト。ビシッとスーツを着こなすよりも、ポロシャツにエプロン、頭にはバンダナといったカジュアルで清潔感のあるスタイルが好ましい場合も。

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  3. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  5. 病気を防ぎ、効率的なイチゴ育苗へ! 革新的なトレイ“カタツムリポット”がスゴイ!
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  10. 住居と垂直型農場を一体化!? オーストリアの「ザ・ファームハウス」がすごい!
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正