6次化

次に儲かる直販はコレ。話題沸騰の「メルカリ」で野菜が売れる!?

最近、フリマアプリ「メルカリ」を使って農産物を販売する生産者が増えているという。店舗を介さずアプリ上で売買することによって、生産者と消費者はどのようなメリットを得られるのか? 成功事例とともに詳しく紹介!

ネット通販の次に来るのは
「メルカリ」!?

今、若者や主婦世代を中心に人気のフリマアプリ「メルカリ」を使って農作物を販売する農家が増えている。最近では、農家がネット上で農作物を直接販売したり、通販サイトも充実している中、なぜメルカリに注目が集まるのだろうか?

その理由は、メルカリのフリマアプリという性質上、簡単に「出品」ができ、消費者一人ひとりと「密なやり取り」ができるところにある。

メルカリでは商品が購入された後、購入者一人ひとりとチャット形式で個別なやり取りが必要だ。これにより、普段なかなか触れ合える機会のない消費者の声を聞くことができ、生産者のモチベーションアップに繋がるメリットがある。

さらに「チャンネル」機能を使えば、通販番組のようにライブ配信での宣伝も可能。リアルタイムでの商品アピールはもちろん、生産者の人柄も伝わり、ファンをつくるキッカケにもなるだろう。

メルカリならではのメリットを上手く活用し、成功を遂げた農園が話題になっている。それが、ミヤハラ農園だ。


フォロワー4,000人超え!
「メルカリ」でファンを増やす農園

ミヤハラ農園は、脱サラして農業を始めた宮原龍磨さん(29)が立ち上げた農園で、発芽にんにく「スプラウトにんにく鉄子」の栽培を始め、農産物の委託販売も請け負っている。

現在、ミヤハラ農園のメルカリアカウントはフォロワー4,000人を超え、1度のライブ配信で数十万円を売り上げるという。

その人気ぶりからメディアでも取り上げられ、宮原さんは出演した番組内で「メルカリを使うことで、農協で取扱のない野菜や認知度の低い農作物でも、消費者へダイレクトにアピールできる」とアプリの強みを伝えた上で、生産者自らが消費者と直接つながりを持つことの大切さを語った。

ミヤハラ農園の成功例のように、メルカリやその他新たな流通ルートを使った販売手法が、これからも広まっていきそうだ。

※保健所許可や営業許可のない加工品は出品できません。

DATA

ミヤハラ農園

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル