政策・マーケット

まるっと説明!「GAP」認証取得までの具体的な流れ

「GAP」認証を取りたいけれど、具体的に何をすればいいの? 取得までにどれくらい時間がかかるの? 気になる取得までの流れを紹介。

事前準備

まずは、普及指導員・営農指導員やコンサルタント等の専門家による指導を受講。

生産者の主な取組内容
●基準書(管理点・適合基準)の内容習得
●情報の整備
・文書化
・組織図の作成と責任者の決定
・食品安全
・環境保全
・労働安全に関するリスク評価と対策
・ルールの策定、生産計画の作成等
●日頃の作業の実施
・改善
・ルールの周知徹底と従業員教育の実施
・生産活動の実施
・記帳
・点検と改善等

審査会社による審査

審査は、数ヶ月前から予約が必要となります。審査員が現地で、必要書類や生産現場での取組を確認します。

認証取得

※認証を取得するまで、平均半年~1年程度かかります。

★事前準備から審査会社による審査までは、最短3ヶ月程度
★事前準備から認証取得までは、最短4ヶ月程度

(出典:農林水産省)

「GAP」の詳しい記事はコチラ

やらなきゃ損! いま話題の「GAP」ってなに?
今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?


AGRI JOURNAL vol.05(2017年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル