就農

カンボジアで農業体験! 海外で価値観を広げよう!

日本では決して体験できないような農業に触れられる海外ツアーがある。その名も『農スタ』だ。このツアーを通じて、未知の価値観を学び、広い視野を持つことで、自身の可能性を広げることができるのだという。いったいどのような内容なのか……?

『農スタ』でカンボジア農業ツアー
未知の価値観で可能性が広がる!

現在、日本の農業は、農業従事者の高齢化、後継者不足、食料自給率の低下、農業人口の減少など多くの問題を抱えている。そんな中、日本一アグレッシブな農業法人を目指す株式会社アグレスでは、経営理念である「日本農業を革新する」を実現すべく、それら課題を解決するために様々な取り組みを実施している。その一つが『農スタ』だ。

『農スタ』とは「農業スタディ」の略で、海外で農業を営む人々のもとへ行き、現地の農業体験ができるツアーとなっている。現地で出会う未知の価値観と農業の多様性を学ぶことで、帰国後に自身の可能性を広げてほしいという想いのもと、本ツアーは企画された。

 

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  3. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  4. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正