生産者の取組み

都市部に住みながら作物を栽培! オランダ発の農業ネットワークって?

オランダの首都アムステルダムで創設された「シティプロット」は有機栽培を楽しむグループであり、様々な国へと展開し、国境を超えたネットワークを構築している。はたしてどんな活動をしているのだろうか?

国境を超えたネットワークで
有機栽培を身近に

2010年にオランダの首都アムステルダムで創設された「シティプロット」は、地元の畑で野菜や果物などの有機栽培を楽しむ都市居住者たちの草の根グループ。

初心者を対象とするワークショップや、子ども向けの農体験プログラムを定期的に実施しているほか、小中学校での校庭菜園の設計をサポートしたり、シェフと連携しながら飲食店向けの農作物を栽培している。

また「シティプロット」は、同様の活動をドイツのベルリンやスペインのバルセロナにも展開し、国境を超えたネットワークを構築しているのが特徴。それぞれの都市で得た知識やスキルを共有し合うことで、都市部における持続可能な農と食のシステムをグローバルな視点で推進している。

問い合わせ

cityplot.org 
Facebookページ


Text:Yukiko Matsuoka

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. 「ワタミオーガニックランド」が2021年にオープン! 独自の6次産業モデルを再現
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  8. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル