道工具・資材

除草後の作物栽培もOK! 自然に優しい強力除草剤が登場

雑草がはびこる夏。様々な雑草対策を講じている方も多いだろう。例えば除草剤は、効果が高いが環境への影響が心配だ。だが、今回紹介する除草剤「エイトアップ」なら、使用後でも作物栽培が可能。どのような除草剤なのか調べてみた。

雑草対策に!
枯らしたあとに作物栽培も可能

根まで枯らして雑草を長期間抑制する茎葉吸収移行型除草剤「エイトアップ」。強力な除草効果を持ちながら、散布液は土の中の微生物により水、炭酸ガス、リン酸、アミノ酸などの物質に自然分解されるため、雑草が枯れた後に作物栽培ができる。

水田では耕起前・畦畔・稲刈り後の除草に、畑地では播種前・定植前の除草に、果樹園では園内の下草除草に活躍。500ml~200Lまで豊富なバリエーションもうれしい。

※農薬登録済

「エイトアップ」5L エコbox 6,590円

「エイトアップ」500ml 4本入りセット 3,200円

「エイトアップ」200L 1本(ドラム缶ポンプ付)180,000円

DATA

有限会社チャレンジサービス
TEL:048-584-2401(平日9:00~17:00)

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/27(月)発行!
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 世界初! 光合成をリアルタイムで計測する「光合成計測システム」は何が凄い?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正