生産者の取組み

「農家兼ナビゲーター」が伝えたい、地域農業の魅力

都会暮らしから一転、山奥の限界集落で『村の担い手』として、また、農のリアルな現場へ取材の旅にまわる『ナビゲーター』として活動している一人の男性がいる。新しいライフスタイルの楽しさは?

農業の楽しさを
味わうために旅をする

「もともとは20年以上東京で仕事をしていました。そこから一変、淡路島の農的コミュニティへ移り住み、自然栽培での田畑や廃材DIYなどを経験しました。その後、以前からの憧れだったキャンピングカーで旅する暮らしをしている時に、徳島県の山奥にある”久尾”という限界集落にインスピレーションを感じ移住したんです」。

「The CAMPus」ナビゲーター 岩崎致弘さん

そう話す岩崎さんは現在、村の担い手として田畑を耕したり、村の食材で加工品を作って販売したり、古民家を改築して店や宿、アトリエを作ったりと、積極的に活動中。

この限界集落での新しい村づくりとも言えるライフワークに、農でオモシロく生きている人たちを取材してその魅力を記事(講義)で伝えるナビゲーターの仕事が活かされているという。

「ナビゲーターの取材では、畑仕事や家事、料理やモノづくりなど、取材先の方々と何でも協働し、寝食も共にするので濃い付き合いになります。いつもは離れて暮らしているけど毎月”ただいま” “おかえり”と、戻ってくる仲間というような。行く先々の環境や文化、コミュニティなど、それぞれの『地域』のなかで、農のある楽しさを味わえます。そして帰ってきたあとも、自分の村や田畑、仕事や生活の中に、各地の『地域』で得たヒントから新しいエッセンスが自然と入ってくるんです。その感覚がすごく楽しいですね」。

農作業を行う岩崎さん

地域や人の数だけ、農の楽しみ方がある。その多様性を知ることで、自分自身の農との付き合い方も、より良いかたちに変えていけるのだ。

DATA

農業の楽しさを学べるオンライン上の農学校「The CAMPus」
「The CAMPus」で大切にしている”学びのコンテンツ”を創っているナビゲーターによる、ユニークな講義が展開中。教授は「かっこよく・たのしく・もうかる」の三拍子が揃った農家さんばかり。『日本の農業の未来を担う若者たちの“ワクワク”を育むWEBマガジンタイプの学び舎』として、「農」のある暮らしのヒントが満載だ。


AGRI JOURNAL vol.07(2018年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正