生産者の取組み

元ヤン農家とヘアサロンがコラボ! 若者に農業の魅力を伝えるアイデア

千葉県の農業団体「ベジフルファーム」と、大阪府のヘアサロン「LINE hair salon」がコラボして実現した、"農業をカッコよく"するデザインプロジェクト。先日写真が公開されたが、果たしてどんな作品に仕上がったのだろう?

前記事:「農家とヘアサロンがコラボ!? 農業をもっとカッコよく!」はコチラ

今注目の元ヤン農家と
ヘアサロンがコラボした新企画

千葉県の農業団体「ベジフルファーム」。社員が元ヤンキーで構成されているという独自の体制と生産への取り組みが評価され、日本で最も”強面でエキサイティング”な農業として注目を集めている。

この度、大阪府にあるヘアサロン「LINE hair salon」の代表・ミツモリ氏が手がけるデザインプロジェクト「TOUCH by OTAKU project」とベジフルファームがコラボした撮影が行われ、今夏公開された。

「農業をカッコよく」という思いの元、農家とヘアサロンのタッグによりどんな化学反応が生まれたのだろう。

オシャレなだけでなく
機能性を重視したスタイルに

まず、ミツモリ氏は彼らのヘアスタイリングやメイクに取り掛かった。得意のカットやアレンジでオシャレさを演出しつつ、農作業の邪魔にならないようスッキリと仕上げるのがポイントだ。

普段仕事の時はあまりメイクをしないというベジフルファームの女性スタッフたちも、鏡に映ったいつもと違う自分に照れながら、嬉しそうな笑顔を浮かべていた。

作業着も動きやすく
カッコよく!

次に進めたのは、作業着のデザイン。仕事中に着用するため見た目はもちろん機能性が問われる。

そこで、作業着自体はシンプルな既成品をベースに、カラフルなワッペンを散りばめることで遊び心をプラス。ベジフルファームらしい1着が完成した。


新しいヘアメイクと作業着を纏った姿は誇らしげで、畑や仕事場の風景によく映える。

外作業が主な農業では「汚れてもいいように」と着るものや髪型を選ばなくなってしまう人が多い。しかし、自分が気に入ったスタイルで農作業を行うことで、彼らのように新たな楽しさを発見できそうだ。


12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  6. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  9. リアルな狩猟を現地や自宅で体験! 罠の組み立て・設置に参加できる注目の新サービス
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正