注目キーワード

生産者の取組み

農家とヘアサロンがコラボ!? 農業をもっと格好良く!

大阪府高槻市にあるヘアサロン「LINE hair salon」の代表ミツモリ氏が主宰するプロジェクト「TOUCH」。ヘアスタイルやファッションといった「デザイン」の力で人々に喜びを与えることを狙いとしているが、今回その新シリーズとして"日本の農家"にスポットを当てた創作を開始しているという。

世界中で髪を切るプロジェクトが
“日本の農家”に着目!?

ミツモリ氏が率いるOTAKU-projectが進めるプロジェクト「TOUCH」では、約7年もの間、ニューヨークやパリをはじめ世界各国で人々を「デザイン」して撮影を行い、写真の展覧会などを行う活動を続けてきた。

今回はその新シリーズとして、日本の農家にスポットを当てた作品を創作するという。

「TOUCH」展覧会の様子(Instagramより引用)

デザインの力で
農家のイメージを変える

これから創作予定の新シリーズは、”日本の職人”がテーマの作品。働く人々の作業着やヘアスタイルを「デザイン」することで、職業に対するイメージアップを図るそうだ。そのシリーズ第一弾として、撮影場所に千葉県の農業団体「ベジフルファーム」が選ばれた。

ベジフルファームは、元ヤンキーが立上げたという異色の農業生産法人。若手農家ならではの『次世代農業』に対する意識や、『農業に改革を起こす』という考えが、「TOUCH」のコンセプトである『やりたくてもできない事を提供する』とマッチしたことから、今回のコラボイベントが実現したという。撮影は2018年2月13日~18日にかけて行われた。撮影の内容は、同年春にも発表予定。

農業×デザインの組み合わせで農家のイメージが向上していけば、高齢化や担い手不足問題にも、希望の光が見えてくるかもしれない。

DATA

LINE hair salon / ラインヘアサロン
「TOUCH」
農業生産法人「ベジフルファーム」

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正