生産者の取組み

元ヤン農家とヘアサロンがコラボ! 若者に農業の魅力を伝えるアイデア

使われていなかったトラクターを
リノベーション!

最後は、倉庫の奥で眠っていたトラクターのリデザインだ。

これまで世界各国で様々なデザインを手がけてきたミツモリ氏も、トラクターは初めて。そのため、形やイメージはベジフルファーム代表の田中さんが自らアイデアを出して進められたという。

もともと青色だったトラクターは鮮やかな緑色に塗装され、ロゴやステッカーでクールにラッピング。

始めはエンジンがかからず苦戦したが、田中さんが修理に取り掛かり無事に走り出した。

今後はこのトラクターがベジフルファームのシンボルとして活躍してくれるだろう。


クリエイティビティを発揮すれば
農業の未来は変えられる

今回のプロジェクトを通して、「農作物からトラクターまで何に対しても丁寧な彼らの仕事ぶりを見て、期待値以上を目指す勢いと人間性に感銘を受けた」と語ったミツモリ氏。

農家の人手不足や後継ぎ問題が深刻化している現在の日本。こういったクリエイティブな活動をきっかけに、農業に興味を持つ人が増えてくれたらと願うばかりだ。


photo:Yusuke Okada/Keiko Tanabe

DATA

TOUCH by OTAKU project

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 農家の収入を守る「収入保険」、2019年1月スタートの申込期限は12月末まで!
  2. 従来の1/3スペースで保管可能! “重ねてしまえる”人気のコンテナ
  3. 農業×エネルギー読本! アースジャーナル vol.06 発売
  4. 害鳥対策にオススメ! ホームセンターで買える農家必須アイテム
  5. ソーラー発電設備付きなのに安い!? 高耐候の農業用ハウスが話題
  6. 1つ9,000円の”高級石鹸”で地域振興! 島民の思いを叶えた6次化成功事例
  7. 注目の「次世代運搬アシスト9選」近未来的なサポートスーツも!?
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  9. 農薬散布から画像分析まで! 種類別「最新農業用ドローン」17選
  10. 農水省による「農泊」推進事業、すでに300地域以上を支援
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル