生産者の取組み

元ヤン農家とヘアサロンがコラボ! 若者に農業の魅力を伝えるアイデア

使われていなかったトラクターを
リノベーション!

最後は、倉庫の奥で眠っていたトラクターのリデザインだ。

これまで世界各国で様々なデザインを手がけてきたミツモリ氏も、トラクターは初めて。そのため、形やイメージはベジフルファーム代表の田中さんが自らアイデアを出して進められたという。

もともと青色だったトラクターは鮮やかな緑色に塗装され、ロゴやステッカーでクールにラッピング。

始めはエンジンがかからず苦戦したが、田中さんが修理に取り掛かり無事に走り出した。

今後はこのトラクターがベジフルファームのシンボルとして活躍してくれるだろう。


クリエイティビティを発揮すれば
農業の未来は変えられる

今回のプロジェクトを通して、「農作物からトラクターまで何に対しても丁寧な彼らの仕事ぶりを見て、期待値以上を目指す勢いと人間性に感銘を受けた」と語ったミツモリ氏。

農家の人手不足や後継ぎ問題が深刻化している現在の日本。こういったクリエイティブな活動をきっかけに、農業に興味を持つ人が増えてくれたらと願うばかりだ。


photo:Yusuke Okada/Keiko Tanabe

DATA

TOUCH by OTAKU project

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  5. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い
  10. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル