最新技術

作業状況のデータを転送できる! 新たな農業データプラットフォーム

農業において「業務プロセスの改善」や「生産性の向上」は常に考えなければならない事柄だ。今回はそんな悩みに役立つと期待され、農業機械やソフトウェアが生成する様々なデータを転送できる次世代アイテム、「アグリルーター」を紹介する。

農業のデジタル化で
生産性の向上を目指す

情報通信技術やセンサー技術などの進化に伴って、農作物の生産プロセスでのデジタル化がすすんでいる。「アグリルーター」は、農業機械やソフトウェアが生成する様々なデータを転送できる“ユニバーサルデータ交換プラットフォーム”。データの種類や転送先、転送頻度などを設定すると、デバイスやメーカーを横断し、データを安全にやり取りできるのが特徴だ。

たとえば、農業機械に搭載されたセンサーによって個々の作業状況をデータで取得し、農業生産管理システムに転送して、圃場全体の進捗を管理するなど、データを有効活用し、生産プロセスを可視化することで、業務プロセスの改善や生産性の向上などに役立つと期待が寄せられている。

問い合わせ

DKE-Data GmbH & Co. KG



Text:Yukiko Matsuoka

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正