再エネ・最新技術

栽培した野菜は機内食に!? ドバイの空港で「垂直農場」を建設中!

世界で太陽光エネルギーの農業利用が広がっている。そんな中、アラブ首長国連邦のドバイを本拠地とするエミレーツ航空は、なんと空港近くに大規模垂直農場を建設中だ。

世界最大級の垂直農場
ドバイの空港で建設中

アラブ首長国連邦のドバイを本拠地とするエミレーツ航空は、米国の垂直農場専門企業「クロップ・ワン」との提携のもと、4000万ドル(約45億円)を投資し、ドバイのアール・マクトゥーム国際空港の近くに13万平方フィート(約1万2090平方メートル)の大規模垂直農場を建設中だ。必要な電力の一部を太陽光発電でまかない、水耕栽培により農薬や除草剤を使わず1日あたり2700キログラム相当の葉物野菜を年中安定的に収穫する。

これらの農作物は2019年12月以降、エミレーツ航空の機内食などの食材に利用される見込みだ。



text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.10(2019年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 若者の農業離れに警鐘! “都市に暮らす人々と農業をつなぐ場”が鍵になる
  3. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  4. 誰でも高精度に施肥できる! スマート農業を支える肥料散布機とは?
  5. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル