再エネ・最新技術

リモコン操作&無人運転も!? “自動運転アシスト農機”の進化がスゴい

最近、自動運転機能を搭載したトラクタが話題を集めている。農業を始めたばかりの人でもベテランと同じように作業できる、夢のような「自動運転農機」。中でも今一番注目したい5台をピックアップ!

井関農機
ロボットトラクタ TJV655R

有人監視下において、無人自動運転作業(耕うん・代かき)や、オペレータが運転する有人トラクタとの2台の同時作業が行える。65馬力 1,211万円(モニター販売)

問/井関農機株式会社
TEL:03-5604-7602(代表)



クボタ
アグリロボトラクタ SL60A

通常トラクタを運転しながらリモコンで無人トラクタを遠隔操作。1人で2台分耕せる。障害物を感知し自動停止する安全装置付き。60馬力 970万~1,100万円

問/株式会社クボタ
TEL:0120-131391

ヤンマー
ロボットトラクター

設定した作業経路を迷いなく自動直進しつつ枕地に配慮。運転席に座るオート型と、タブレットで経路登録し、自動運転するロボット型を展開。YT488A・YT498A・YT4104A・YT5113A(88.0~113.0馬力) 1,072万5,000~1,549万5,000円

問/ヤンマーアグリジャパン 農機推進部
TEL:06-7636-6264

クボタ
アグリロボコンバイン WRH1200A

自動運転アシスト機能により、ほぼ乗っているだけの楽々収穫。勘や経験は不要。GPSが誤差わずか数センチの精緻な刈取を実現。120馬力 1,570万~1,680万円(別売のGPSユニット120万円)

問/株式会社クボタ 
TEL:06-6648-3938

ヤンマー
YR8D オート仕様

ディーゼルエンジン搭載の密苗田植機「YR-D シリーズ」の追加仕様として発売。自動直進と自動旋回機能を装備し、誰でも熟練者なみの高精度作業ができる。395万5,000円~554万5,000円

問/ヤンマーアグリジャパン 農機推進部
TEL:06-7636-6264

後付け自動操舵システムから
始めるのも◎!

無人自動運転トラクタよりも導入しやすいのが、作業者が乗りながらも自動操舵が可能なGPSシステム付きのトラクタだ。価格を抑えた三菱マヒンドラ農機の「スマートアイドライブ」など、すでに各社から専用システムがローンチされている。また、後付けで手持ちの農機に設置できるシステムも徐々に価格を下げて登場中だ。

ガイダンスシステム X23/SGR-1

手持ちの農業機械に装着して利用するガイダンスシステムが、機能を厳選して求めやすい価格で登場。自動操舵システムにアップグレードも可能。オープン価格

問/株式会社トプコン
TEL:03-3558-2511

AgriBus-NAVI

シンプル・低コストなAndroid用GPS/GNSSガイダンスアプリ「AgriBus-NAVI」では、現在、連動する自動操舵機器も開発中。

問/農業情報設計社
TEL:0155-67-8394


AGRI JOURNAL vol.10(2019年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 水耕栽培と養液土耕栽培、養殖まで同時にできる!? 話題の鉄骨ポリカハウスの設備を見学
  3. バラ・トマト・イチゴ農家が語る 低温CO2施用機『真呼吸』の実力とは
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 【編集部厳選】いま話題の「バイオスティミュラント」って何? 基礎知識と効果まとめ
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル