注目キーワード

道工具・資材

多機能・無人・見える化!最新高性能ロボット農器具

ここまできたか!高性能ロボット農機具が農作業を強力サポート!アタッチメント交換でユーザーに合わせた機能を持たせたり、病害リスクの予測をしたり、無人で作業を行うトラクタなど。頼りになる最新のロボット農機具をご紹介。

待望の自動運転トラクタが
市場“初”投入された!

クボタが、有人監視下での無人による自動運転作業(耕うん、代かき)を可能にした「アグリロボトラクタ」のモニター販売を6月から開始した。
昨年『ファームパイロット(Farm Pilot)』シリーズと称したGPS農機を発売していたクボタだが、この「アグリロボトラクタ」は第3弾。新たに、既に発売済みのGPS農機よりさらに高度化した自社開発RTK-GPSユニット(IMU一体型)やオートステアリング、安全装置を搭載し、農作業の高効率化や高精度化、省人化、さらには軽労化を図った。

具体的には、有人監視下での無人機1台による自動運転作業と、作業者1人で無人機と有人機を使用した2台協調運転作業が可能となる。レーザースキャナ、超音波ソナーを装備し、圃場への侵入者や障害物に近づくと自動で停止するなど、安全装備も徹底強化している。

作業者1人で無人機と有人機を使用した2台協調運転作業の様子。

アグリロボトラクタ「SL60A」

60馬力/価格:970万円(RTK基地局無し)、1,100万円(RTK基地局付き)
問/株式会社クボタ
※問い合わせは最寄りの販売店まで

123>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正