再エネ・最新技術

究極の地産地消へ! 限られたスペースを有効活用できる「ブイファーム」って?

イギリスで「ブイファーム」と呼ばれるモジュール型屋内農場ソリューションがある。棚を移動させ、作業スペースを確保できる仕組みだ。

限られた空間を活用!
「ブイファーム」

英国で開発された「ブイファーム」は、スチール棚のような形状のモジュール型屋内農場ソリューションだ。限られた空間を最大限に活用できるよう、高さを最長5メートルまで伸ばせるほか、可動式とすることで、作物の収穫やメンテナンス時のみ棚を移動させて作業スペースを確保できる仕組み。循環式の水耕栽培により、レタスなどの葉野菜やハーブ、食用花、イチゴなどを栽培できる。


©V-Farm

英国南西部ブリストルのレストラン「サンクラフト」では、厨房横に「ブイファーム」を設置し、ミントやシソ、カラシナなどを一年中、自家栽培。鮮度が高く、味、色、食感に優れた食材をその場で収穫し、調理して提供する究極の地産地消を実現している。



TEXT:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.12(2019年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル