注目キーワード

生産者の取組み

抽出済みコーヒーかすでキノコを栽培!? 新発想のサーキュラーエコノミー

幅広い海外のイノベーションをチェック! カフェから発生したコーヒーの「かす」がキノコの培地に! 地元の飲食店から企業、消費者らを巻き込んだ循環型経済の成功事例を見てみよう。

世界有数のコーヒー消費国であるデンマークの企業、ビヨンドコーヒーは使用済みのオーガニックコーヒーを培地に再利用し、高品質なヒラタケを栽培している。地元コペンハーゲンのカフェやオフィス、大学などから抽出済みのコーヒーかすを回収し、菌糸体と混ぜて、1ヶ月かけて栽培。コーヒーは抽出の過程で殺菌され、抽出後も栄養成分の99.8%が残留しているため培地に適しており、複数回にわたってヒラタケを栽培できる。

収穫されたヒラタケは地元のレストランに食材として供給されているほか、店舗やオンラインショップで消費者にも販売している。地元の飲食店、企業、消費者らを巻き込んだ循環型経済の成功事例としても注目されている。

©BeyondCoffee ApS.

DATA

ビヨンドコーヒー


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.18(2021年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/13(水)発行!
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  4. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  5. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  9. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない...
  10. 課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正