注目キーワード

政策・マーケット

GAP認証は3種類ある? それぞれの構成と特徴

GAPには種類があり、それぞれに認証取得のための評価項目や基準が異なる。ここでは、各GAPの構成と特徴を紹介しよう。

GAP認証は3種類
それぞれの違いは?

GAP認証には種類がある。①JGAP、②ASIAGAP、③GLOBALG.A.P.の3種である。運営主体はそれぞれに異なっており、①②は一般財団法人日本GAP協会、③はFoodPLUS社(ドイツ)である。認証を取得するための審査会社や費用も異なるので、興味がある方は事前に確認しよう。

出典:農林水産省

 


『AGRI JOURNAL』vol.5より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 株式会社クラレ主催!「化学する農業」がテーマの展示会とは!?
  2. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 施設園芸は次のステージへ! 多くの作物で高収量を実現させる、期待の“新技術”とは?...
  5. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  6. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは...
  9. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  10. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」エンジン式編

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正