注目キーワード

政策・マーケット

畜産農家の負担増!? 配合飼料が3四半期ぶりに値上げ

JA全農が、牛や鶏のエサである配合飼料が3四半期ぶりに2%値上げすると発表した。どのくらい負担が増えるのだろうか。畜産農家経営者は要チェックだ。

平成29年10~12月期に対し
1トンあたり約1500円引き上げ

JA全農(全国農業協同組合連合会)は、平成30年1月~3月、牛や鶏のエサである配合飼料を値上げすると発表。飼料情勢、外国為替情勢等を踏まえ、平成29年10~12月期に比べて、全国の畜産種平均で1トンあたり約1500円(2%)の値上げを決定した。

アメリカ最大の商品取引所のシカゴ相場では、とうもろこしは、生育期に入る南米産地の天候が注目されるが、乾燥による作柄悪化が懸念されており、相場は底堅く推移するものと見込まれる。国内大豆粕(かす)価格は、シカゴ相場の上昇や為替円安の影響などにより、値上がりが見込まれるという。値上がりにより、畜産農家の負担が増えてしまうことが懸念される。

 

問い合わせ

JA全農 畜産生産部 総合課
TEL:03-6271-8235

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. “トリコデルマ菌”の働きをわかりやすく解説! 根張りを増やして収量アップへ...
  2. 鶏舎の消毒作業にレボリューション! 国内初「乗用鶏舎スプレーヤ」がついに完成...
  3. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  4. 絶品の柑橘、高評価の要は「光センサー」。ふるさと納税サイトで売上アップへ...
  5. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  6. アザミウマの発生を1/10程度に削減! イチゴ農家を救うLEDの赤い光
  7. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  8. 生分解性マルチに普及の兆し。「カエルーチ」シリーズで作業の省力化&増収へ...
  9. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点
  10. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正