注目キーワード

政策・マーケット

選手村での食材提供だけじゃない! GAP取得の重要性

「GAP認証」推奨企業と
福島農家の成功事例

■ローソン
ローソンは、全国にある直営農場において「JGAP」や「ASIAGAP」の認証を取得。生産した野菜や果物、米などは、ローソンの店頭だけでなく、系統のスーパーやコンビニエンスストアでも販売している。

■コカ・コーラ
コカ・コーラグループは、緑茶飲料向けに、日本で調達する茶葉についてすべての農家に「JGAP」の認証取得を推奨している。

■農業女子が活躍する「まるせい果樹園」(福島県福島市)
7.5ヘクタールの農場でさくらんぼや桃、りんごなどを育てる果樹園。東日本大震災後、福島の風評被害により2011年の売上は例年の3~4割に落ち込んだ。

各地の復興イベントで果物を出品するも消費者へ安全性が伝わらず、顧客との信頼関係の構築が必要だと考えた同園は、生産工程管理による安全確保に取り組み、2013年に「JGAP」を取得。その後、客足は事故前の7割強にも及んだという。

さらに、これまで取引のなかった大手量販店でも果物の扱いを開始し、販路拡大にもつながった。


上記のように、取引条件にJGAP取得を掲げる企業や、認証取得により成功した農場も多く存在する。農産物の”国際標準化”が求められる今、GAP認証取得について、検討してみてはいかがだろうか。

DATA

認定NPO法人GAP総合研究所

日本唯一のGAPのシンクタンクとして、東アジアのGAP指導と農産物のブランド化を支援する組織として2015年1月に設立。普及に向けて「JGAP/GlobalGAPの指導者の育成と現地指導」「農産物のブランド化の支援」「日本の農業者の東アジア進出支援」を主な活動としており、GAP全体の日本での普及を推進している。

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 草刈りの安全性と効率アップに! 刈払機に取り付けられるアタッチメント2選...
  4. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 【募集】モニター募集!9月撮影、ロボットによる草刈り作業体験!
  10. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい...
アグリク2020

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正