政策・マーケット

まるっと説明!「GAP」認証取得までの具体的な流れ

「GAP」認証を取りたいけれど、具体的に何をすればいいの? 取得までにどれくらい時間がかかるの? 気になる取得までの流れを紹介。

事前準備

まずは、普及指導員・営農指導員やコンサルタント等の専門家による指導を受講。

生産者の主な取組内容
●基準書(管理点・適合基準)の内容習得
●情報の整備
・文書化
・組織図の作成と責任者の決定
・食品安全
・環境保全
・労働安全に関するリスク評価と対策
・ルールの策定、生産計画の作成等
●日頃の作業の実施
・改善
・ルールの周知徹底と従業員教育の実施
・生産活動の実施
・記帳
・点検と改善等

審査会社による審査

審査は、数ヶ月前から予約が必要となります。審査員が現地で、必要書類や生産現場での取組を確認します。

認証取得

※認証を取得するまで、平均半年~1年程度かかります。

★事前準備から審査会社による審査までは、最短3ヶ月程度
★事前準備から認証取得までは、最短4ヶ月程度

(出典:農林水産省)

「GAP」の詳しい記事はコチラ

やらなきゃ損! いま話題の「GAP」ってなに?
今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?


AGRI JOURNAL vol.05(2017年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  5. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
  10. リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル