政策・マーケット

まるっと説明!「GAP」認証取得までの具体的な流れ

「GAP」認証を取りたいけれど、具体的に何をすればいいの? 取得までにどれくらい時間がかかるの? 気になる取得までの流れを紹介。

認証取得までの流れ(例)

事前準備
(普及指導員・営農指導員やコンサルタント等の専門家による指導を受講)

生産者の主な取組内容
●基準書(管理点・適合基準)の内容習得
●情報の整備
・文書化
・組織図の作成と責任者の決定
・食品安全
・環境保全
・労働安全に関するリスク評価と対策
・ルールの策定、生産計画の作成等
●日頃の作業の実施
・改善
・ルールの周知徹底と従業員教育の実施
・生産活動の実施
・記帳
・点検と改善等

審査会社による審査
(数ヶ月前から予約が必要)

審査員が現地で、必要書類や生産現場での取組を確認。

認証取得
※認証を取得するまで平均半年~1年程度かかる

★事前準備から審査会社による審査までは、最短3ヶ月程度
★事前準備から認証取得までは、最短4ヶ月程度

(出典:農林水産省)

「GAP」の詳しい記事はコチラ

やらなきゃ損! いま話題の「GAP」ってなに?
今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?


AGRI JOURNAL vol.05(2017年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. 農作物の異常を自動診断するスマホアプリがすごい
  3. 成功する農業!注目が高まる『農福連携』のポイント
  4. 農家後継者が成功する5つの要素
  5. 栽培の気づきは腕に書く! 農作業用の新感覚メモ!
  6. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  7. 「地元に恩返し」乃木坂46井上小百合、農業への想い
  8. 資金調達/コスト減 農業競争力強化支援法って何?
  9. 便利なコツをシェアします!梨農家の想いに支援続出
  10. なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2017年10月11日発行

お詫びと訂正