注目キーワード

政策・マーケット

NEXCO中日本、高速道路会社初の農地所有適格法人に

浜松市内を中心とし、レタス・枝豆などの生産・販売を開始する「NEXCO中日本」。高速道路沿線地域の活性化や人・物の交流促進に寄与することを目的とし、国産野菜の安定供給の一助となるものと考え、実施していく。 

日本農業を支える取組みの一つ
高速道路沿線地域の価値向上に

「NEXCO中日本」は、「株式会社鈴生(すずなり)」と連携して、高速道路会社初となる、農地所有適格法人を新設する。「鈴生」は、JGAP認証やICTへの取り組みなど、積極的に取り組む農業生産法人。モスバーガーと共同で(株)モスファームすずなりを立ち上げたことでも知られている。

両社は、浜松市内を中心とした農地裏作や耕作放棄地を活用し、野菜の生産・販売を開始することで合意。今後5年で、順次耕作地を拡大していく計画だ。既存農地では、米や野菜などの休閑期に地域の農家から農地を借りて、レタスや枝豆などを栽培していく。

裏作の展開や耕作放棄地の農地としての活用を図ることで、土地の有効活用や地域景観の維持など沿線地域の活性化に貢献。さらに、農業従事者の高齢化や次世代の担い手不足、耕作放棄地の増加などの地域の課題解決を図っていく考えだ。

この農業参入を、日本の農業を支える取組みの一つとして実施し、高速道路沿線地域の価値向上に努めていくという。
今後も、異業種からの農業ビジネス進出により、地域がさらに活性化することが期待される。

問い合わせ

NEXCO中日本

お客さまセンターTEL:0120-922-229

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. スマホで豚の体重や枝肉測定をする時代へ! 畜産コンサルのコーンテックの挑戦に迫る...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正