注目キーワード

政策・マーケット

効果倍増!? オリジナルシールラベルは生産者と消費者を繋ぐコミュニケーションツールだ

貼るだけで簡単にメッセージを伝えられるシールラベル。オリジナルデザインならその効果も倍増する。農にまつわる“デザインの基本”について、農業×ブランディングを得意とする人気デザイナーに訊いた。

直径約4cmの小さな
コミュニケーションツール

ペタッと貼るだけで、普通の防曇袋がオリジナルパッケージに。オリジナルデザインシールは、商品の差別化に最適なお手軽ツールだ。

直売所で、透明の袋に入れられた野菜が並んでいるのを見て、農家のみなさんが丸腰で戦っていることに驚いたんです。袋を印刷するとコストがかかりますし、もっと手軽にデザインで貢献できないかと考えて、ラベルシールのオリジナルデザインを始めました」。

気軽に利用してほしいと、敷居は低く設定。デザイン料金3万5千円+印刷費用(形状、紙質、部数による)で、世界に1つしかないラベルシールが完成する。デザイン料金がかかるのは初回だけで、リピート時の修正は無料。実際、リピートする生産者が多いそうだ。

シールを貼るという一手間は増えますが、その分、値段を上げても売れるようになります。あとは、覚えてもらいやすい。お母さんが自分の子供に『あれを買ってきて』とおつかいを頼めるようなデザインを目指しています。生産者と消費者をつなげるコミュニケーションツールですね」。

▶ POINT
☑ コスト面でも無理なく継続でき、費用対効果が高い
☑ 生産者と消費者をつなげるコミュニケーションツール



CASE STUDY

● ほりぐち農園


メーカー生産品ではない、農家の手作りであることを伝えるために「田舎の景色感」を軸にデザイン。実際に園地を訪れ、イラストデザインに落とし込んだ。


● アタタカダイチ


環境に配慮し、宮古島の大地とともに生きる、という想いをロゴに。会社名である「アタタカダイチ」がキャッチーなため、名前を全面に押し出すデザインに。


● 株式会社丸徳農産


「マグロの肥料を使っていること」を最大の特徴としてイラストを大胆にレイアウト。生産者の独自のこだわり、目新しさをPRすることで、消費者の購買意欲がそそられる。


● 伊藤農園


赤土から採れる筍はおいしい。赤土で取れたことをきちんと主張するデザインに。覚えやすい竹林の景色をイラスト化し、リピートに繋げた。


● ひえのFarm


生産者の子供が描いたイラスト入れて欲しいという要望を受け、制作。子供のイラストを入れることで、生産者の人柄やぬくもりが伝わるデザインになった。




● ふぁ~む はんぜむどん


「お客様、家族、生命、すべての繋がりを大切にした農業を目指している」という生産者の依頼を受け、すべてのものがサイクルで回っていることをキービジュアル化。


● サムズアップ農園


お客さんから「うま!」というメッセージを貰ったというエピソードと、サムズアップという農園名を掛け合わせ、「自信あり!」と太鼓判を押したようなデザインに。


● 田代農園


ミネラル肥料にこだわった土づくりが特徴。キャッチコピーを「ミネラルいきいき」とし、「詳しくはわからないがなんだか良さそう」とイメージできるラベルに。


● North Farm


「家族を農業で食べさせてゆく」という決意をビジュアル化。消費者へは「心から大切に育てました」というキャッチコピーと家族のイラストで安心感を伝えた。


● 中谷農園


寡黙で一本気、農業のことだけを一途に考える生産者の人柄と思いを、『まっすぐ一筋』というコピーで表現。消費者にも、安心感やこだわりが伝わるビジュアルになった。

教えてくれた人

貼雑デザイン事務所
代表

角田誠さん


和歌山県にある「貼雑デザイン事務所」代表。和歌山農林大学校 アグリビジネス学科外部講師。日用品パッケージを2000点以上制作した経験を活かし、2013年より農業専門のデザインをスタート。45都道府県の生産者から依頼を受けた実績を持つ。


文:曽田夕紀子(株式会社ミゲル)

AGRI JOURNAL vol.19(2021年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/20(木)発行!
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 畦畔の草刈りはロボットにお任せ!長野県信濃町で実装実験
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.22|¥0
2022/1/20発行

お詫びと訂正