注目キーワード

就農

ゲームが今の農業を救う? 農業シムが広げる就農人口

農業疑似体験ゲーム「ファーミング・シミュレーター」!最新タイトルである2017年版は、昨年末までにすでに100万本以上を売上。忠実に再現されたゲーム世界で播種から収穫までの一連の流れを知ることができ、農業従事者も農業を知らない人も楽しめる。

農業は敷居が高い。そんな人におすすめなのが、スイスのGiants社が出す農業疑似体験ゲーム「ファーミング・シミュレーター」だ。屋外の農業と屋内のゲームは本来真逆のもの。同ゲームはこの2者を繋ぐ。

同社マルティン・ラブル氏はいう。「ユーザーには農業従事者や経験者も多いが、農業を知らない層もたくさんいる。彼らはゲームを通して、農業への尊敬や興味、知識を深めていく」。同氏によれば、特に人気があるのがドイツを中心とした欧州。アメリカや南米も需要が高い。年齢層は問わず、例えば親子で一緒にプレイすることも多い。

そもそも同社は、なぜ農業分野にゲーム展開しようと思ったのか。じつは友人の頼みごとが始まりだったという。ある時、設立者の友人に農業好きがいて農業シムを探していた。ところが彼のイメージするゲームはなかった。そこで友人は大学で農業シムの技術基盤をテーマに研究していた設立者に持ちかけ、その後プロジェクトは広がっていった。

現在、最新タイトルである2017年版は、昨年末までにすでに100万本以上を売り上げている。農業好きが農業をしたくて作ったゲーム。この根底こそユーザーから多くの支持を集める理由なのだ。

 


<実在するメーカーの農業機械が登場。ゲームなら高価な農業機械も体験できる。>

 


Text:Yukinobu Kato

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...
  8. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正