就農

ギャルにアイドル……農業を担う“農業女子”現る!

いま、若者自身が旗振りとなって、若者の農業参入を呼びかける活動が活発化している。今回は、5組の若い女性たちを紹介したい。

日本の農業を担う若者を応援したい!

農業=地方の大自然の中で、毎日、丹精込めて農業に勤しむ中高年や高齢者……というイメージは、光速進化を遂げる現代においては、すでにプロトタイプな考え方なのかもしれない。まずは、ギャル社長として19歳で起業した藤田志穂が2009年に立ち上げた、“ノギャルPROJECT”を紹介する。

nogyo_01-1024x256

渋谷のギャルが作るお米「シブヤ米」の生産や、ギャルママと共に野菜の収穫を行う「ギャルママとちびこで行く野菜収穫ツアー」、EDWINと共同で開発した「イケてる作業着開発」などを行った。

そして、現在は農林水産省と共に全国の高校生を対象にした、地域食材を活かしたアイデアメニューで競う料理コンテスト「ご当地!絶品うまいもん甲子園」を立ち上げ、食や農業にかかわる高校生の育成などを行っている。

彼女は農業と若者の関わりに対して、「食や農業の大切さに気付くだけじゃなく、生き物や自然とふれあうことで、心も体もとてもリフレッシュに繋がると思います。実際に、農作業体験をしてから、農業に興味持っただけでなく、今まであまり学校に行かなかった子が行き出したり、仕事を始めたりする子もいました。そして、私は今までの経験を活かし、うまいもん甲子園を通じてこれからの日本の農業を担う若者の活躍の場を増やし、応援していきたいと思います」とコメントを寄せてくれた。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. ホウレンソウ農家に朗報! 4人作業が2人作業に!?
  2. 250万アクセス超!全国の農耕地,林野土壌図が無償で
  3. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  6. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  7. 規格外野菜がTシャツに? ”着る野菜”デビュー!
  8. 5分で設営完了!かんたんマルシェスタンド
  9. 産地・産業振興に繋げる『6次産業化2.0』とは?
  10. これからの農薬散布は「ドローン」が主流に!?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2017年10月11日発行

お詫びと訂正