注目キーワード

就農

成功する農業!参入時における既存事業とのシナジー

注意すべきポイント

最近は農業系の展示会も沢山開催されており、「すぐに儲かる」と謳うような話も少なくない。しかし、現実はそう簡単ではない。補助金が出る、全量買い取る、素人でも簡単にできる等、すぐに飛びつきたくような話もあるが、今一度冷静に考えてもらいたい。たしかに、農業者が高齢化し、就農人口が大きく減少しているので、今後有望な市場であることは間違いないと言える。だが、自社におけるシナジーやマーケティング思考を無視して、おいしい話に飛びつくべきではないだろう。むしろ、こうしたシナジーやマーケティングが先にあって、その上で活用できるオプションがあるかを考えた方が成功への近道と言える。

 

 プロフィール

山田 浩太

2001年(株)船井総合研究所に入社。農業・食品リサイクル分野のコンサルティング、企業の農業参入コンサルティングに従事。2012年に農業参入し、アルファイノベーション株式会社(農業法人)、NPO法人めぐみの里(障がい者就労継続支援施設)、株式会社アグリジョイン(青果卸)にて独自の農福連携モデルと産直取引ネットワークを構築し、約9haのネギ生産を行っている。

アルファイノベーション(株)

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. Amazonが農業資材ストアをオープン! 数千点の資材をオンラインで購入可能に...
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  5. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 資源循環で農業の持続可能性を支える!”バイオマス産業都市” 佐賀市の取組みとは?...
  9. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.19|¥0
2021/4/15発行

お詫びと訂正