就農

ママが農家に!? ワークシェアで農業の人手不足解消

いま農業のコミュニティは進化し、多様なかたちで登場している。農業の再生や地域の活性化を目指し、それぞれの課題を解決させながら、さらに都市生活者を巻き込んだ取り組みへと動き出しているのだ。今回は、三重県全域で展開されている「農業コラボワーク」の事業をご紹介する。

ママと地域農業が活きる
「農業コラボワーク」

三重県全域で展開されている、農作業を中心とした就労を乳幼児期のママ達がワークシェアリングしていく事業が「コラボワーク」。仕事も子育ても助け合って行っていくワークシェアリングとして、4年前に特定非営利活動法人マザーズライフサポーターが構築。現在までに、提携企業・農家数社、述べ400名以上のママ達が参加した実績がある。

就労ママと託児補助のママ・待機ママが助け合って就労期間を回していくので、急な子供のトラブルにも待機ママが代打で出勤。連れてきた子供も子連れ保育士や託児補助のママが見ることが可能だ。人手不足が深刻な農業分野においては、繁忙期の就農にも役立っている。農業コラボワークが全国的に広がれば、農業の人手不足が一部解消するかも?

ママたちが厳選した提携農家の野菜セットの宅配や、スーパーマーケットでの店頭販売も行っている。

DATA

マザーズライフサポーター


text: Reggy Kawashima

『AGRI JOURNAL』vol.5より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  8. 「ワタミオーガニックランド」が2021年にオープン! 独自の6次産業モデルを再現
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル