道工具・資材

無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方

ハウスを新たに建てる際、強度や形状など全てメーカーに一任という農家が多いが、今回農水省のホームページで「ハウス選びの基準」となる資料が公開された。自分の地域に合ったハウスを農家自らが理解することで、過大な設備投資を減らし、コストカットも可能に!?

農業用ハウスの
設置コストを抑えるには?

新たに施設園芸をはじめる際や、劣化によるハウスの建て直しを行う時に気になる、農業用ハウスの「価格」や「強度」。土地の形状や強度など、専門的なことはわからない……とメーカーに任せてきた方という方も多いのではないだろうか。

そこで農水省は、一般社団法人日本施設園芸協会が作成した「園芸ハウスの強度の考え方」資料を公開。ハウス設置にかかる農家のコスト削減を図っている。

ハウスは何を基準に
建てるべき?

日本施設園芸協会は、地域ごとの最大瞬間風速や積雪量などを予想し、必要と考えられるハウスの強度の整理を行っている。

ハウスを設置する地域と再現期間(ある程度の強度をもった自然災害の発生が予測される期間)年数に応じて、必要なハウスの強度(耐風速、耐積雪荷重)を参照することが可能だ。

■強風に対する強度【耐風設計値】

出典:日本施設園芸協会

参考として、上記の強風に対応した強度を有するハウスの仕様例は以下の通り。

出典:日本施設園芸協会

ただし、上記に示しているのはあくまで一例であり、これらとハウスの形や柱の太さが異なっていても、仕様により必要な強度を確保することもできる。

園芸用ハウスの設計値の考え方および地域の詳細は、日本施設園芸協会ホームページの「農業用温室設置コスト低減推進事業」をチェック!

問い合わせ

一般社団法人日本施設園芸協会

TEL:03-3667-1631

関連記事

アクセスランキング

  1. 中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム
  2. 3分でわかる農家トレンド『ソーラーシェアリング』
  3. 電子版無料配信中! フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.08 7/9発行!
  4. キイチゴ類の受粉を自動化! 「受粉ロボット」がアメリカで開発中
  5. 収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式
  6. 世界一安い! 腰痛のリスクを軽減するアシストスーツが2万円台!
  7. 太陽光×農業がイノベーションを巻き起こす!
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. 成功する農業後継~時代を超えて繋がれた”先々代の夢”
  10. 成功する農業後継「地道な広報活動で世界進出へ」
アグリ・ビジネス・ジャパン 2018   あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル