道工具・資材

明るくて涼しい! 小型ハウスの最新遮熱資材

夏の小型ハウスの必須アイテムである遮熱資材。人にも作物にも優しい、可視光線透過型高温対策シートが登場した。

赤外線を反射して
高温多湿から作物を守る

その秘密は「赤外線遮蔽(しゃへい)材」。熱源である赤外線を効率的に反射して、植物の光合成に必要な可視光線を透過させる新素材だ。遮光率は20〜50%までの10%刻みの全4種類で、「ワリフ明涼30w」(遮光率30%)の使用では、通常のハウスに比べて最大5℃の温度低下が見込める。果実内温度や土壌温度の上昇を防いでくれるため、たとえば高温期育苗時の徒長予防や、トマトの裂果防止、高温による花落ち抑制などの効果が期待できる。

また、必要な光量は地域や作物によって変わるが、全国をまわり現場を熟知した営業マンが相談に乗ってくれるという。

aj_NII20160810_2a
素材は熱融着されており、どこでもハサミでカットできる。軽量で施工しやすいのも嬉しいポイントだ。


日新商事株式会社 公式サイト


取材・文/小高朋子

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/27(月)発行!
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 世界初! 光合成をリアルタイムで計測する「光合成計測システム」は何が凄い?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正