注目キーワード

道工具・資材

野菜の出荷、”レンタルパレット”の時代がきてる!?

今、農家の間でレンタルが
トレンドな理由

①手間・コストを大幅削減できる

ダンボール出荷よりも大幅コストカット!
「日建リース工業」のレンタル料は、良心的なことが特長。ダンボールでの出荷からメッシュボックスパレットでの出荷に切り替えると、およそ46%のコストカットが期待できる。また、自社で定期的な洗浄や買い替え、管理をする必要がないため、作業負担も大きく軽減される。


ダンボール出荷時よりも、手間やコストが大幅に減少。

②大容量なのに、省スペースを実現

畳んでコンパクトに収納できる!
およそ450kg分と、大量の野菜を収納可能。使わない分はコンパクトに折りたたみ、段積みして保管できるため、作業スペースを広く使えるというメリットも。さらには、付属の養生ネットが、搬送中も青果物をしっかりガード。ほとんど痛みのない状態で、出荷先に届けることができる。


不使用時は畳んでコンパクトに収納可能。

③流通コストもカットできる

ワンウェイレンタルなら使い終わったボックスを最寄りのセンターに返却!
レンタルプランには、「保管利用」、「循環利用」、「ワンウェイレンタル」があるが、出荷先から遠隔地の生産者には「ワンウェイレンタル」がオススメ。出荷先に青果物を出荷後、そのまま“乗り捨て“ができ、生産地へボックスを返却する必要がない。

さらに、利用日数に合わせて3つのプランから選べる「回数割」で、流通コストを必要最小限に抑えられる。今後は、RFIDタグによるボックスの個体管理も実施予定だ。

問い合わせ

日建リース工業株式会社

物流事業本部 農水産部
TEL:03-6739-7039


photo&text: Yoshiko Ogata

AGRI JOURNAL vol.07(2018年春号)より転載

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  3. 低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場...
  4. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  8. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  9. 農作業の効率化も人材マッチングもスマホ1つでスムーズに! 注目のスマホアプリ6選...
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正