道工具・資材

農家の声から生まれた! 稲を傷めない水田除草機

稲作農家の要望をもとに、操作性が良く稲に優しい水田除草機が誕生! ユーザーからは除草のみならず、回転式レーキによる稲への刺激効果や、土壌からのガス抜き効果にも期待の声があがっている。

稲作農家の要望に応える
稲と環境に優しい水田除草機

OREC(オーレック)は、農業・家庭菜園用機器などの設計開発を行っている。”草と共に生きる”というコンセプトを掲げる同社が開発した水田除草機が「WEEDMAN」だ。2018年には機械工業デザイン賞にて審査委員会特別賞を受賞し、今後さらに人気が高まると予想されている。

水田除草機「WEED MAN」プロモーションムービー(YouTubeより)

機能面における最大の特徴は、条間を除草する除草刃ローターと、株間の雑草をからめ取る回転式レーキ。雑草の根が稲の根よりも浅く張られることに着目したことで、従来では難しかった株間の除草を実現した、業界初の除草機構だ。

ユーザーからは除草作業のみならず、回転式レーキによる稲への刺激効果や、土壌からのガス抜き効果にも期待の声があがっている。また作業機が運転者の前に配置されているので、作業を目視しながら安心・確実な除草が可能だ。

さらに4WS&4WDと無段変速機(HST)搭載だから実現できる簡単ターンも見逃せないポイント。取材した設計担当チームの江藤さんによると、これら数々の独自機構は、実際に稲作に取り組む全国の農家の要望を聞き、試行錯誤して開発を続けた結果、製品に取り入れることに成功した苦心の作なのだという。

機能面だけでなく、このオーレックの志の高さもまた、多くの稲作農家から支持される理由なのだ。

WEED MANが誇る3つの独自機構

①除草刃ローター

条間の雑草は除草刃ローターが確実に除草する。株間を除草する回転式レーキと役割分担させている。

②回転式レーキ

稲は傷めず、雑草根のみを掻いて除草する。作業深さが田面に自動追従なのも高評価だ。

③4WS&4WD

4WS( 四輪操舵)と4WD(四輪駆動)だから小回りの利きが違う。欠株を最小限に抑え、隣の列に簡単にターンできる。

<商品情報>
WEED MAN
SJ600(6条)/SJ800(8条)
価格:385万円(SJ600)/395万円(SJ800)
サイズ:全長310×全幅195×全高155cm(SJ600)/全長310×全幅255×全高155cm(SJ800)
重量:700kg(SJ600)/720kg(SJ800)

問い合わせ

株式会社オーレック
TEL:0943-32-5002


text: Reggy Kawashima

AGRI JOURNAL vol.10(2019年冬号)より転載

Sponsored by 株式会社オーレック

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 植物自体の状態を整える“バイオスティミュラント”とは? 農家の困りごとに新たな選択肢
  8. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正