注目キーワード

道工具・資材

低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場

近年の大型台風や高温傾向などの異常気象に対応したビニールハウスが新登場! 低コストなのに耐候性抜群で、全国の台風被害に悩む農家の希望になるだろう。

台風が来ても
ハウスが壊れる心配なし!?

台風の影響で、ビニールハウスが倒壊してしまうことは少なくない。再建するにしても費用は高く、台風が発生するたび不安になる。

しかし、そんな農家の悩みを解決してくれるビニールハウスが登場した。それが、低コスト耐候性ハウス『ドリームフィールド』だ。


明るく、涼しく
台風にも耐える強いハウス

ドリームフィールドは、農業用施設を手がけるイノチオアグリ株式会社が、新たに開発したビニールハウス。

高強度アルミ樋、高強度モヤ材を採用し、標準設計から40m/sの風に耐える構造に。さらに、柱の板厚強化で50m/sの風にも適応する。

また、採光性59%という明るさに加えて、開口高104cmというこれまでにない広い天窓もポイント。換気能力は従来の2倍だ。強風対策はもちろん、ハウス内の明るさを保ちながら、夏の高温軽減も期待できるのが嬉しい。

一方で気になるのが費用だが、使用部材を減らすことで、施設コストは24%減(イノチオアグリ株式会社従来比)。導入しやすい価格帯を実現した。

日本に住んでいる限り、いつ台風の被害を受けてもおかしくない。これを機に、明るく・涼しく・強風に耐える”新世代型”のビニールハウスを導入してみてはどうだろうか。

お問い合わせ

イノチオアグリ株式会社
TEL:0532-48-4511


関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選...
  7. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  8. 加速する畑作物向けロボット開発! フランス・国際農業ロボットフォーラムから最新事例4選...
  9. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  10. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正