注目キーワード

道工具・資材

温度調節が難しい今にぴったり! 農作業を支える選りすぐりの農業ウェア4選

農業ウェアのプラス1アイテムとして、温度調節の難しい時期の農作業を支える “ベスト”アイテムをご紹介。機能性はもちろんのこと、作業がはかどるような、ワクワクするオシャレアイテムたち!

これは、ほぼバッグ!?
ベストを羽織って手ぶらでGO

AS2OV/シュリンク ナイロン キャンプ ベスト

高機能でユニークなバックブランド「AS2OV」の、鞄のようにたくさんのポケットがついたハンターベスト風のベスト。これを1枚羽織れば、手ぶらでどこへでも行けそうなのが楽しい。高密度に織られた後、塩縮加工された風合いのあるオリジナルの生地は、使い込むとさらに独特のヴィンテージ感が出てくる。
¥18,000

問/UNBYジェネラルグッズストア
03-6328-0577

ストリートの風を感じる
異素材ミックスベスト

Dickies/切替ベスト

同系色の異素材ミックスを効かせた中綿ベストは、ワークウエアブランド「ディッキーズ」の新作。腕を動かしやすい袖口の大きさに、小物がたくさん入る大き目のポケット。ストリートの雰囲気を取り入れならがも、ワークウエアとしての機能性を持ち合わせたベストは、今どきの農家にふさわしい仕上がり。
¥5,900

問/株式会社MacHouse
0120-923-717

小物はすべてベストの中に!
オールシーズン使えるベスト

Columbia/ヴィドラⅡベスト

12個ものポケットつきの収納力に優れたベスト。撥水性にも優れているので、着たまま作業が可能なのも嬉しい。背面のベルクロとファスナーを取り外せば、通気性の良いメッシュ生地が登場。冬場の作業中に暑くなった時はもちろん、春先や夏場などオールシーズン着回しできる。
¥12,000

問/Columbia
0120-193-803

人気の起毛ベストは
インナーにも使える1枚を

patagonia/メンズ・レトロ・パイル・ベスト

リサイクル・ポリエステル100%の両面シアーリング素材を使用した、オンもオフも着られる「パタゴニア」ら しいベスト。肌触りが滑らかで着心地が良く、また柔らかいのでインナーとして着ても動きやすいのも魅力。フロントジッパーを襟の上まで施したデザインで、暖かく快適に過ごせる。
¥15,000

問/patagonia
0800-888-7447


※このページに掲載されている商品価格は、すべて税抜きでの店舗販売価格です。

『AGRI JOURNAL』vol.13より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正