注目キーワード

道工具・資材

ドローンにアシストスーツ…仰天の次世代農業ギア7選

運搬・計測・記録を行う
自動追従型ロボット台車

作業者の後を追従しながら、重い荷物の運搬、積み下ろしを行う、動く台車「アグビ-」。収穫中は畑の状態や収穫量を計測し、そのデータを使って収穫量や価格の予測まで行ってくれる。身体的負荷を軽減するだけでなく、土壌の可視化、将来の作業計画にも役立つ賢いロボットだ。現在は開発中であるが、販売されれば農作業に欠かせない農家の相棒になるだろう。


アグビ−
価格・発売時期:未定

中西金属工業株式会社・06-6351-4832
中西金属工業株式会社 公式HP


 

腕を上げた作業を助ける!
クボタのアシストスーツ

人の腕の重さは体重の1/17=約3~4kg。この重い腕を上げたままで行う、ぶどう農園やなし農園等での棚下の作業時には、肩や腕に大きな負担が掛かる。それを減らしてくれるのが、クボタが販売しているアシストスーツ「ラクベスト」。肘をのせるアームの角度は作業高に合わせて調整可能。棚下での長時間作業が疲れにくく作業効率を向上させる、作業者に寄り添った次世代農業機器だ。


ラクベスト
¥129,600

株式会社クボタ・0120-131391
株式会社クボタ 公式HP


 

無人走行ロボットトラクター
実用化に向けて実証実験中!

<ヤンマーのロボットトラクタ:実用化2018年予定>

 

<井関農機のロボットトラクタ:実用化2018年予定>

 

「より少ない人数で、より多くの農作業が行える」そんな夢のようなロボットトラクターの研究が進められている。リモコンで遠隔指示した作業を行うロボットトラクターを有人トラクター等で監視しながら協調作業を行うことができる。ヤンマーは、北海道大学と協同で実証実験を進め、井関農機も実用化に向け研究開発を行っている。実際に実用化されれば、人手の少ない農業現場で活躍すること間違い無しだろう。


ヤンマー株式会社 公式HP

井関農機株式会社 公式HP


Text: Reggy Kawashima

※「AGRI JOURNAL vol.2」より転載

< 12

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 青果市況情報を無料アプリでチェック! 卸値価格の分析で販路開拓・売上向上へ...
  2. 病害虫を特定!農薬検索・購入までできる診断アプリ「エクスペスツ」体験レポート...
  3. LEDの赤い光でアザミウマが1/10に!ピーマンで効果を実感
  4. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  5. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  6. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 手強い雑草を制しつつ、環境にも優しい? “二刀流”の除草剤を使いこなせ!...
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 【植物工場ビジネスの最新動向と課題】現状は赤字が約半数。エネルギー削減の取り組み進む...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.32|¥0
2024/07/19発行

お詫びと訂正