注目キーワード

生産者の取組み

成功する農業後継~時代を超えて繋がれた”先々代の夢”

時代を超えて繋がれた
独自の生産方式

貴基さんの祖父にあたる先々代は、戦後、横浜の保土ヶ谷で友人の土地を借り、庭先養鶏を始めた。当時たまごは高級品で、少量生産・直接販売が主だった。

その後、国内の経済成長と米国の飼料作物の輸出政策により、食の洋食化が進み、養鶏業も大規模化の時代を迎える。養鶏農家の仲間たちは郊外に移り、大規模な設備投資をし、生産効率優先の経営へと舵を切っていった。しかし先々代は、その道を選ばなかった。

現在の千葉県袖ケ浦市に場所を移し、長男(先代・富基さんの兄)とともに小規模な養鶏を始めるも、数年後、長男が病に倒れ他界してしまう。当時、自動車会社に勤めていた富基さんが、やむなく家業を手伝うことに。小さな鶏舎を少しずつ建て増ししながら、買い手と近い距離での生産販売を志向し続けた。

「お金もなかったし、度胸もなかったから」と富基さんは当時を振り返るが、地域生協との取引が始まったこともあり、『お客様の近くにいたい』という想いが強くなったのだ。

規模が小さくてもいい。
お客様の声とともに

一部であっても、直接お客様に販売するとなると、通年生産をし、生産の山谷なく出荷し続けなければならない。高いレベルで品質を安定させることも求められる。

先代・富基さんは、お客様の声を頼りに、大きくて元気なたまごを生産するため、試行錯誤の日々を送った。通常の3倍以上の頻度で鶏の入れ替えを行い、大きなたまごを産む大型品種の若鶏を積極的に導入するなど、手間とコストがかかる独自の生産方式を採用していった。

いつの間にか富基さんは、一般流通のものとは全く異なる “コシの強い” たまごを生産していたのだ。少しずつ工夫を重ねていった先々代と先代・富基さん親子の想いが、特別なたまごを生み出していた。

< 123>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  3. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  4. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/14(水)発行!
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正