生産者の取組み

成功する農業後継「農業を家族に継がせたくない」

農家の事業後継……それは、既存の自社商品を "見直すきっかけ" でもある。経営危機に陥った北川鶏園は、先代が大切に守ってきた養鶏採卵事業を後継の息子が "見直し"、洋菓子店がこぞって購入する名の知れた鶏園となった。なぜ、北川鶏園の事業後継は成功したのだろうか? 農家の事業承継のヒントが、きっと見つかる。

「”この”たまごが良いんですよ」
有名洋菓子職人が指名で購入

まるでデパートのジュエリー売り場を覗いているような気分になる。千葉県で最も人気のあるこの洋菓子店では、今日もガラスのショーケースに、色とりどりのケーキが輝いている。

入り口のドアから、慣れた足取りでひとりの男が入ってきた。ショーケースに歩み寄ると、人柄の良さそうな目を線にして笑みをこぼした。彼の名は北川貴基(たかき)さん・43歳。この業界では名の知れた北川鶏園の代表取締役社長だ。

今では有名なパティシエからも「”この”たまごでなきゃ!」と、指名で注文が入るほどの北川鶏園だが、実は17年前には廃業しかけていた。

なぜ、北川鶏園は倒産を免れ、プロの職人たちがこぞって購入する人気鶏園になりえたのか? そこには、事業後継によって自社の強みを発見した後継の息子、そして「夢」を繋いできた先代の想いがあった。

農業を家族に
継がせたくない

千葉県袖ヶ浦市の「北川鶏園」社長 北川貴基さんは、大学卒業後まで、家業の養鶏採卵事業を継ぐことをあまり考えていなかった。先代の、現会長 富基(とみき)さんからも「実家を継いでほしい」と言われたことは一度もない。

学生時代、将来について悩んでいたときに聞こえてきたのは、「こんなつらい仕事は家族に継がせられない」「日本では農業を継続して行くのは難しい」という農家の先輩たちの言葉だった。

県内の大学の政治経済学部を卒業したものの、やりたい仕事の具体的なイメージは浮かんでこなかった。そんな中、貴基さんは軽い気持ちで「国際農業者交流協会」の米国研修に参加してみることに。期間は2年。この研修が後の自分の人生を変えるとも知らずに、貴基さんは100人の若者たちとともに米国へ渡った。

俺がスーパーバイザー!?
待ち受けていた壮絶な体験

日本人研修生2人とともに派遣されたのは、オレゴン州の洋ナシ農家。農場主に代わって収穫の指揮を執る「スーパーバイザー」の役目を任された。このとき現場にいたのは、収穫時期にだけ出稼ぎに来ているメキシコ人ワーカー30名で、皆ほとんど英語が話せない。

貴基さんも英語はそれほど得意ではないものの、一緒に派遣された2人よりも年が上で、トラクターに乗れることもあり、現場を仕切ることに。とはいえ本格的に農業に携わったこともないので「スーパーバイザー」の立場にいながら”もたもた”することが多かった。

「……痛い、痛い! 頼むからやめてくれ!」
要を得ない指示を出され、遅々として進まない作業に苛立ったワーカーたちは、”使えない”日本人バイザーに洋ナシを投げつけた。歩合制の報酬で雇われているメキシコ人ワーカーたちは、他人のせいで自分の収入が減ったらたまらないと、怒りをぶつけてきたのだ。

情けなかった。毎日が必死だった。
どうにかこうにかやり切って、振り返ったときに手元に残ったのは、自信だった。知らないうちに、日本にいた時とは比べ物にならないほど、打たれ強くなっていた。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
  3. 履くだけで断然温かい! 冬時期の作業が捗る「防寒キルト長靴」
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  9. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  10. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル