注目キーワード

生産者の取組み

<若手農家の挑戦>新規就農に欠かせない人脈作り

販売先を意識した
栽培計画がこれからの課題

試行錯誤を繰り返しながらも、一年目は売上目標200万に対して90%を達成した。目標にはあと一歩だが、3つの異なる販路を開拓したことが大きな成果に繋がっている。

1つ目は、地元のスーパーマーケット。伝統野菜などの珍しいものは委託販売に、収量の多い一般野菜は受託販売で対応する。2つ目は、有機野菜を扱う都内の飲食店。旬の味わいと鮮度にこだわり、天候不順などのリスクにも理解のある店主と直接取引を行う。3つ目は、前回紹介したマルシェの活動。消費者とのコミュニケーションを大切にし栽培に反映させている。

目下の課題は、生産力と販売力のバランスだ。多品目栽培は、飲食店の店主もマルシェに訪れるお客にも喜ばれる。しかし、栽培計画を立てるのは非常に難しい。ひどい時には、一反をすべて無駄にしてしまったこともあるそうだ。

「お客さまとの対話の中で、求められている野菜は何か、求められている味は何かを見極め、喜ばれる野菜をもっと安定的に生産していきたいと思います」。

繁昌さんのまっすぐな想いは、関わる人々の心を惹きつける。志を共にできる仲間たちと知恵と力を寄せ合い、これからさらに成長し続けることだろう。


取材協力・SHARE THE LOVE for JAPAN
SHARE THE LOVE for JAPAN 公式HP


photo: Kentaro Kumon, Misaki Yanagihara text:Tomoko Kotaka

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正