生産者の取組み

“おいしかった”の声が直接届く! 消費者と繋がる「オンラインマルシェ」

買い手と直接取引できるオンラインプラットフォームは、取り入れやすいIT活用の方法だ。消費者とのコミュニケーションを日々のモチベーションに変え、ファンを増やしている夫婦のもとを訪ねた。

オンラインマルシェでは、
密な交流が叶う

長崎県・南島原市でトマト農家マルナンファームを営む中村さんご夫婦は、昨年4月より、オンラインマーケット「ポケットマルシェ」を活用している。本サービスの特徴は、生産者と消費者のコミュニケーションがさかんに行われていること。専用のコミュニティには、多くの消費者によるコメントが残されている。

「”おいしかった” ”また買いたい”といったコメントが増えるにつれ、注文数も伸びていきました」と、妻のみずきさんは、これまでを振り返る。


生産物を直接出品できるオンラインマーケットの「ポケットマルシェ」を活用。スマホ1つで注文管理、入金管理、問い合わせ対応ができる。現在、全国の1200名以上の農家と漁師が登録している。

また、「ポケットマルシェ」には、コミュニティに加え、消費者と個人的にやり取りができる専用ウォールも設けられている。みずきさんは、専用ウォールでの消費者とのコミュニケーションを、日常的に楽しんでいるそう。



「私たちのトマトを使った料理の写真が届いたり、日々の作業をねぎらう声をいただくと、モチベーションが上がります。オンラインマーケットは、商品の発送後も消費者の方と繋がれるので、直売所よりも密なコミュニケーションが楽しめるサービスだと思います」。

PROFILE

マルナンファーム

中村大介さん、みずきさん

大介さんの父から農園を引き継ぎ、質が高く糖度が高いミニトマト「アイコ」などの生産に携わる。現在、大介さんは、生活クラブ生協と提携する「ながさき南部生産組合」の代表も務める。


AGRI JOURNAL vol.11(2019年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新夏号、7/16(火)発行!
  3. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. コレひとつで幅広い雑草に効く! 水稲農家におすすめの除草剤って?
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  8. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル