生産者の取組み

地産地消と人材活用で事業を切り拓く! 里山資本主義的「農福連携」の可能性とは

青森県上北郡おいらせ町の「アグリの里おいらせ」は、「農福連携」を切り拓いた観光農園。「地域に眠っていた人的資源」を、六次産業に活かしたことは「里山資本主義的」だろう。これからの農業の在り方について、地域エコノミストの藻谷浩介氏が説くコラム。

知的障がいを持つ若者たちの
仕事の場を作りたい

採れたての新鮮な野菜や特産品などを直売し、天然温泉足湯や観光農園、レストランなどを併設する観光施設。全国各地に「道の駅」が増えた今、さほど珍しくはない。
 
だが、青森県上北郡おいらせ町の「観光農園・アグリの里おいらせ」には、他所と違う特色がある。第一に役場の関与のない純民間の施設であること。第二に、事業主体が農家ではなく社会福祉法人だということだ。さらに言えば、集客力と賑わい方も半端ではない。
 
事業主の社会福祉法人誠友会はもともと、全国に無数にある老人福祉事業者の1つである。1983年に特別養護老人ホームを開設、以後、デイサービスセンター、居宅介護支援センター、グループホームを次々と開設してきた。だが、理事長にはもう一つ、知的障がいを持つ若者たちの仕事の場(授産施設)を作りたいという、特別支援学校でボランティアをした学生時代からの想いがあった。
 
そのためには、資格の必要な介護ではなく、農業に取り組まねば。そう考えた理事長は2004年、老人ホームで持っている温泉を活用して、熱帯果樹を育てる温室を設置。そこから通年収穫できる青森県最大級の観光いちご農園の開設、産直店舗や足湯の併設へと、事業を広げていった。2008年には株式会社アグリの里を設立。レストランやパン工房、そば工房を設け、農産物の育成管理、調理補助、敷地内清掃など、多くの場面で障がい者の雇用を創り出した。



様々な授産施設
障がい者の特性が発揮できる場に

授産施設は障がい者に、仕事のやりがいと楽しみ、収入を与える。それだけでなく、いわゆる「健常者」にはない、特殊な能力・特性を発揮できる場にもなっている。
 
例えばイチゴ栽培では、光を均一に当てて色むらを防ぐため、手作業で果実を回転させる必要がある。ついつい手抜きしてしまいがちなこの工程を、強い集中力を持つ障がい者が根気よく行うことで、高い品質が実現できた。
 
とはいえもちろん、障がい者の特性が発揮できる場は全体の一部だ。ここでは地域の中高年女性を中心に、多数の健常者スタッフが、障がい者と優しく息を合わせて、施設運営に携わっている。そのため施設内には、いつも明るい笑顔が溢れていて、これがまた、多くのお客様を引き付けている。
 
特に人気なのが、自家製に加えて地域の農産物も活用した、ビュッフェスタイルの農園レストランだ。料金は大人1450円(税込)と地域の相場からすれば高価格なのだが、観光客だけでなく地域住民、特においしいものに目がない女性の支持を得て、常に満員御礼状態だ。



里山資本主義的
「農福連携」の可能性

この取り組みを「里山資本主義」の観点から評価するなら、まずは、地域の農産物を地元で加工・調理し、地元民が消費するという、地産地消の先進事例ということになる。高品質のものを高価格で提供し、生産者の所得を増やし、地域経済内の好循環を生んでいる。
 
だがそれ以上に「里山資本主義的」なのは、障がい者という「地域に眠っていた人的資源」を掘り起こして、農業をベースとした六次産業に活かしていることだろう。主眼はあくまで人材活用にあり、事業はその手段に過ぎない。
 
「アグリの里おいらせ」の切り拓いた事業分野は最近、「農福連携」と呼ばれるようになった。現時点では、各地にばらばらに先進事例が存在している状態だが、「里山福祉研究会」と名の付いた連携の取り組みも始まっている。今後ますます注目すべき分野といえる。
 

PROFILE

株式会社日本総合研究所

地域エコノミスト 藻谷浩介氏


株式会社日本総合研究所主席研究員。地域の特性を多面的に把握し、地域振興について全国で講演や面談を実施。主な著書に、『観光立国の正体』(新潮新書)、『日本の大問題』(中央公論社)『里山資本主義』(KADOKAWA)など多数。


AGRI JOURNAL vol.14(2020年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  8. わずか1秒! 果物に当てるだけで糖度を測る「非破壊糖度計」に注目のイチゴモデル登場...
  9. 2019年絶対買い! 使いやすくてオシャレな「農業アイテム」12選
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正