注目キーワード

最新技術

機械と育む農業生活 機械化は農業人をいかに救うのか

広大なハウス内を見学環境管理の実際を知る

今回見せていただいたのは、荒井さんの農場出荷量の約50%を出荷する一番大きなハウス。設置された「アグリネット」の温度センサー(1ヶ所のみで1棟をカバー)のデータは、作業棟のハブユニットを通じて、PCやスマホにデータが送られる仕組み。

遮光カーテンや湿度調整などについては他社製の制御システムも併用しているそうだが、温度の異常を教えてくれる警報機能のほか、収穫のタイミングを図るために必要な積算温度のデータをグラフで確認できるなど、「アグリネット」の効果は非常に高いという。

NEPON_014

また、現在、ネポン株式会社では、荒井さんが導入した当時にはなかった、オプションセンサー(湿度や風速、風向など)を自由に組み合わせことができるシステムもラインナップ、拡張性がさらに高まっているとのこと。

同行してくれたネポン株式会社の営業担当者の話に、荒井さんも目を輝かせていた。

 

NEPON_008ベッド(苗床)下部のスペースに、冬場は暖房のダクトを通し、通路(作業)スペースを確保しながら、暖房効果も高める仕組み。

 

NEPON_013排気内のCO2を再利用できる、ネポン株式会社の「ハウスカオンキ(ガス焚き)」も導入されていた。「収量アップに大きな効果があります」と荒井さん。

 


photo:Masahiro Ihara

※「EARTH JOURNAL」Vol.2 より転載

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?
  7. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  8. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  9. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  10. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正