注目キーワード

最新技術

機械と育む農業生活 機械化は農業人をいかに救うのか

広大なハウス内を見学環境管理の実際を知る

今回見せていただいたのは、荒井さんの農場出荷量の約50%を出荷する一番大きなハウス。設置された「アグリネット」の温度センサー(1ヶ所のみで1棟をカバー)のデータは、作業棟のハブユニットを通じて、PCやスマホにデータが送られる仕組み。

遮光カーテンや湿度調整などについては他社製の制御システムも併用しているそうだが、温度の異常を教えてくれる警報機能のほか、収穫のタイミングを図るために必要な積算温度のデータをグラフで確認できるなど、「アグリネット」の効果は非常に高いという。

NEPON_014

また、現在、ネポン株式会社では、荒井さんが導入した当時にはなかった、オプションセンサー(湿度や風速、風向など)を自由に組み合わせことができるシステムもラインナップ、拡張性がさらに高まっているとのこと。

同行してくれたネポン株式会社の営業担当者の話に、荒井さんも目を輝かせていた。

 

NEPON_008ベッド(苗床)下部のスペースに、冬場は暖房のダクトを通し、通路(作業)スペースを確保しながら、暖房効果も高める仕組み。

 

NEPON_013排気内のCO2を再利用できる、ネポン株式会社の「ハウスカオンキ(ガス焚き)」も導入されていた。「収量アップに大きな効果があります」と荒井さん。

 


photo:Masahiro Ihara

※「EARTH JOURNAL」Vol.2 より転載

< 12

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 青果市況情報を無料アプリでチェック! 卸値価格の分析で販路開拓・売上向上へ...
  2. LEDの赤い光でアザミウマが1/10に!ピーマンで効果を実感
  3. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  4. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  5. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  6. 手強い雑草を制しつつ、環境にも優しい? “二刀流”の除草剤を使いこなせ!...
  7. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. ハウス内を自動で防除する!丸山製作所の農薬噴霧ロボット「スマートシャトル」に迫る...
  10. 病害虫を特定!農薬検索・購入までできる診断アプリ「エクスペスツ」体験レポート...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.32|¥0
2024/07/19発行

お詫びと訂正