再エネ・最新技術

スマート農業を、「儲かる」農業にするには?

スマート農業には高付加価値が大切

【従来型マーケティング】

図表-1
【新たなマーケティング】

図表-2

<単一の高付加価値商品に特化するのではなく、顕在化しつつある多数の高付加価値商品を並行生産するのが、新たなトレンドに。(生産品目は柔軟に変更)>

すでに数多くの植物工場が稼働しているが、中には経営が思わしくない企業もあるという。その実情を三輪氏は「スーパーカーで一般道を走っているような状態」と例える。

植物工場が普及したことで無農薬や洗わなくていい野菜が広く出回るようになり、そうした今では付加価値とみなされなくなった生産物に対して設備がオーバースペックなのだ。そこで、今後は珍しいヨーロッパ野菜や高ビタミンいちごなど、ニーズのある新しい価値を探るマーケティング戦略が重要となる。露地栽培を置き換えたものではなく、高付加価値農産物に適した工場こそが次世代型工場のあるべき姿なのだ。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  3. ニワトリものびのび育つ! 世界で最も「動物と環境にやさしい養鶏場」
  4. リモコン操作&無人運転も!? “自動運転アシスト農機”の進化がスゴい
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  7. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. ヤマハ農業用ドローンがあの4商品と連携! 専用アプリをリリース
  10. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル